スポーツ

「その盗塁失敗で流れが一気に傾いた “元鷹コーチが分析両軍の考えは? | Full-Count

ソフトバンクは15日、ホーム球場PayPayドームで開かれた「スーパーソールクライマックスシリーズパ」第2戦でロッテに6-4で逆転勝ち、4年連続日本シリーズに進出した。現役時代、1992年盗塁王を獲得した快足外野手で、昨年まで5年間ソフトバンクのコーチを務めた飯田哲也氏は、勝敗の分かれ目は4回、ロッテ藤原恭大外野手が二盗に失敗した場面にあったとみなす。

4回にロッテ藤原恭大が二盗に失敗した[사진 : 아라카와 유우지]

「変化球なら盗塁成功ストライクならゴロを打って1つは入っていた “

■ソフトバンク6-4ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

[PR]ヤクルト、日本のコンビが爆笑説法DAZN(ダジョン)の魅力と可能性は

ソフトバンクは15日、ホーム球場PayPayドームで開かれた「スーパーソールクライマックスシリーズパ」第2戦でロッテに6-4で逆転勝ち、4年連続日本シリーズに進出した。現役時代、1992年盗塁王を獲得した快足外野手で、昨年まで5年間ソフトバンクのコーチを務めた飯田哲也氏は、勝敗の分かれ目は4回、ロッテ藤原恭大外野手が二盗に失敗した場面にあったとみなす。

ロッテは3-2で1点リードして迎えた4回の攻撃で1社した3塁のチャンス。 相手先発東浜はすでに1回に3点を奪われており、KO寸前の状態だった。 ここで打席に入っていた3回清カウント2-2からの5球目に1塁走者の藤原が開始します。 しかし、相手捕手カイ送球悠々タッチアウトされてしまった。 結局、この時間に追加点を奪うなかったことが?り、その後ろに中村明逆転ツーラン松田線にソロを浴びた。

「その盗塁失敗で流れが一気にソフトバンク傾いた」と飯田氏。 「打席清カウント2-2の「変化球カウント」だったのでロッテベンチが二盗塁を指示したのも無理はない。実際に変化球であれば盗塁は成功したと思う。また、ストライクなら清はゴロだけ打てば併殺ないので、少なくとも1犬は入っていただろう」と説明する。

ところが、東浜の投球は外側高く出るボールを直線であった。 カイに最も送球なコースであり、「やりがいキヤノン」を存分に威力を発揮したのだった。 ロッテは比較的リスクの少ないもの戦略だったが、完全に読みを外された。

飯田氏は「東浜が、そのカウントで、そのプロセスを狙って投げたとは思えない。おそらく外側の低とか、他のコースに投げるだろうと思ったが、結果的にコントロールミスが幸いだった」と見ている。 もちろん野球界最高のやりがいの強い肩があったからこそ誕生シーンでもある。 たった1球ボール球、試合の流れと日本シリーズ出場権の行方を決定してしまったのだから、野球はやっぱり怖い。

READ  イチロー節健在 "現役の時よりひどい」/一問一答1 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close