世界

「むしろトランプ以上」中国通のバイデンも「中国包囲網」という危険な戦略日本は、この包囲網に参加できるかどうか| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

米国のバイデン政権が誕生した場合、対中国関係はどのように変化するのか? 国際政治学者の六辻張地は「中国におけるトランプ大統領より脅威となる。米国一国だけでも突っ込んで相手に華麗に衝撃を与えることがトランプ類であれば、多くの仲間を引き入れて、より効果を上げようアロハことバーでも流れだからだ」と – 。

写真= AFP /時事通信フォト

2020年11月16日デラウェア州ウィルミントン、ジョー・バイデン民主党の大統領候補は、米国経済の発言をした

「反中タカ派」とバイデン

「バイデン新政府は、中国に消極的になるだろう」という観測が一部あるようだが、これは正鵠を査定したものとはいえない。 「中国に弱腰」とみなされること自体がバイデンは避けなければならないからだ。

大統領選挙に臨むにおいてバイデンはシジンピンルル「悪党」と中国との対決姿勢を鮮明にした。 香港などの人権問題を念頭に置いたものだが、これはバイデンに大きな軌道修正だった。 バイデンは、長い中国政府要因と幅広い人脈を持っている中国通として知られてきたからだ。

そんな彼が「反中タカ派」で化粧した大規模な背景には、香港の問題とコロナ災害を契機に、米国で党派を超え反中感情がこれまで以上に高まっていることがあった。 さらに、大統領選挙でトランプは「バイデンが当選すれば、米国が中国を学ばなければならなくなる」と述べたバイデンに「親中」ラベルを付けよう急い経緯いる。

冒頭で述べた観測がカードのイメージ戦略に乗ったのだろう。 しかし、善悪はともかく、政治家として世論に敏感になるのは当然で、むしろバイデントランプ以上」反中タカ派」がなければならない立場を維持することができないのだ。

結果的に孤立を生んだトランプの対中国政策

しかし、中国に対抗する手法で、バイデントランプと大きく異なるものと思われる。 だからまず、トランプ、中国との対決のために確認しておこう。

トランプ類の外交は、中国だけでなく、相手が誰でも、突然の一撃を加えて、自分のペースに持ち込むしようとするものである。 また、交渉もなく一人で突然動作を起こすことも大きな特徴であった。 それは目を引く効果も大きかったが、相手に「何をするのか分からない」と恐怖を覚えてできるようにすることがトランプ外交の真骨頂とすることができる。

しかし、これは、中国を相手に効果を上げた疑問である。 それまでほとんど問わに付された問題、例えば、中国進出を目標に、外国企業に中国当局が技術の開示を要求するなど、不公正な慣行を扱った点でトランプに功績を認めても、問題は、それの結果として、中国を追い出しなかったのだ。

その最大の原因は、「米国第一」を掲げるトランプが味方を増やすことに興味を持たず、米国製品の関税引き下げなどを相手を選ばず、一方的に要求するなどきたので、多くの国でひんしゅくを買ってきたものである。

それは結果的に、中国ではなく、米国が孤立する状況を生み、中国に圧力を中途半端にした。 コロナウイルスに対する不満でトランプが、世界保健機関(WHO)からの脱退を宣言したことがWHOの中国の影響力を増加効果しかなかったのは、このを象徴する。

中国足場を崩し

これらのカードに比べてどうかの方法は、対照的なことになると思われる。 一言で言えば、それは中国包囲網を構築することにある。

バイデンは選挙期間で「米国が世界をリードしなければならない」と強調したが、ここに多くの国を仲間に引き込む方針がうかがえる。 一方、トランプはWHOと地球温暖化に関するパリ条約から脱退し、国際的な孤立を深める一方、バイデンが復帰すると明らかにした。 国際ルールと構造に積極的に関与することは、これらの中国の主導でされることを防ぐためとみられる。

このため、バイデン重要な課題の一つとなるのが、発展途上国、特にアフリカなどの貧困国の囲い込みある。 中国は冷戦時代から発展途上国との関係を重視してきた。 国連加盟国の過半数を占める途上国の支援は、中国が大国として行動する必要不可欠な足場となっている。

READ  トランプコロナ放置ゴルフ上達1日最多15万人の感染来年まで「空白」の懸念 :東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close