理科

「よコラート!」ヤクザ100人歌舞伎町に殴る蹴る “スカウト狩り」の全貌発端は美人女性をめぐる「ルール破棄」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

「警視庁が容疑者逮捕」「よコラート!」ヤクザ100人の距離に殴る蹴る【新宿スカウト狩り]発端は美人女性をめぐる「ルール破棄」(大島雅弘/ Webオリジナル(特集半))

新宿歌舞伎町で6月、「夜のお店」に、女性を紹介するスカウトの男性が暴力団関係者と思われる集団に追われ、殴る蹴るの暴力が行われた「スカウト狩り」事件。 この事件について、警視庁は10月28日、暴力行為など処罰法違反と傷害などの疑いで指定暴力団住吉会系組員4人でスカウトグループの3人を逮捕した。

この事件が発生した当時、「スカウト狩り」の内容を報告した「文春オンライン」の記事を再公開する。 (初版:2020年7月5日)

◆◆◆

「よ!コラート!」 「この子!」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で「東京警報」が発令されていた6月上旬の深夜、国内最大の繁華街である新宿歌舞伎町で叫んが横行した。

その戦いの様子を捉えた動画が流出して話題になった「スカウト狩り」である。 キャバクラをはじめとする「夜のお店」に、女性を紹介するスカウトの男性が暴力団関係者とみられる集団追いかけられる姿が動画に写っていた。

事態を重く見た警視庁は、すでに新宿警察署に捜査本部を設置した。 捜査の展開に応じて、次の局面を迎えることになりそうだ。

「スカウト狩り」は繁華街のど真ん中で起きた(写真はイメージ)©︎iStock.com

雷乱舞深夜の歌舞伎町

この騒動が起きたのは、多くの飲食店が並ぶ歌舞伎町の「区役所通」スカウトを発見暴力団関係者とみられる男性が殴る蹴るの暴力を行った。 現場で雷が鳴り、スカウトを追ってドライバめぐる男たちは徐々に増加して、100人程度増えた。

これらの騒動は、区役所通だけでなく、6月上旬以降も歌舞伎町のあちこちで発生している。 暴力団関係者の男たちが数十人に歌舞伎町を行進スカウトを見つけをめぐって暴力を加えた。

暴力団関係者が問題にしているのは、歌舞伎町で最大のスカウト会社Aである。 A社は歌舞伎町で10年以上のキャバクラやガールズバー、クラブなど接待を伴ういわゆる「夜の街」の飲食店に若い女性を紹介して巨額の利益を得てきた。 レストランだけでなく、問い合わせは風俗店もA社に数百人のスカウトが所属して歌舞伎町で、若い女性に声をかけて継続する。

歌舞伎町の飲食店業界に精通した関係者の男性が、最近スカウト事情について言う。

「歌舞伎町は夜の街で稼ぐ若い女性、首都圏だけではなく、脂肪などで多くしてくる。それをスカウトが待って声をかけてキャバクラなどを紹介する。銀座の高級クラブのホステスはないので、知性と教養を備えているかどうかなんて関係ない。すなわち、美人ならそれでいい。ゲストはたくさんついてくれる “

今までのスカウトはかなり味のある商売だったようだ。

「キャバクラ点とスカウト会社との間の合意に基づいて差はありますが、紹介した女性が働いている限り、その子が稼いだ売上のある店では3%、他の店では、5%などで、個々の動きで紹介料がスカウト会社自動的に入るようになっている。 これは「スカウトバック」と呼ばれるシステム。 かなり稼ぎになる良いビジネスである。

READ  新型コロナウイルスの飛沫防止用シートに関する火災予防に注意| OVO [オーヴォ]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close