エンターテインメント

「アキラとアキラ」、デュオの難しさを克服…

読売新聞
竹内龍馬(左)と横浜龍生

映画「アキラとアキラ」は同じ名前を持つ二人の青年が巨大銀行と大企業で困難を経験しながら繰り広げられる話を描く。

主人公は山崎明と海道明。 山崎は父親が運営する工場が破産することを目撃した経験で人々を助ける銀行員になることを目指し、海道は家族間の不和と制約を避けるために銀行員となった主要な海運会社の末裔です。 対照的な背景を持つ二人の明は同年に巨大銀行に雇われたライバルで互いに競争するが、山崎は自分の原則に忠実な結果降格される。 一方、海道の父親が運営する海運会社東海由泉グループは財政難を経験する。 山崎と海道は力を合わせて問題を解決する。

この映画は、2017年に徳間商店で初めて出版された後、Shueisha Inc.で出版されたJune Ikeido Junの同名小説に基づいています。 870,000部以上出版されました。

読売新聞は2人のアキラを演じた2人の俳優にインタビューしました。 竹内龍馬(山崎あきら役)は童貞で熱血男です。 。 一緒に作業した感想、撮影エピソード、ぜひ見なければならないシーンについて話を交わした。

© 2022 「アキラとアキラ」フィルムパートナーズ
山崎明(左)と海道明が「明と明」の一場面で危機に瀕した海運会社東海ゆせんグループを救うために手を握った。

読売新聞:お二人が同じ作品に出演したのは今回が初めてです。

横浜:私が戦隊スーパーヒーローチーム(2014年から2015年まで放映された「レシャ戦隊Toqger」)をやっていたとき、彼(Takeuchi)は「仮面ライダードライブ」をしていました。 その当時はお互いに話す機会がなかったが、彼と一種の同志愛を感じたので、今回一緒に作業できるようになって嬉しいです。

武内:竜星が撮影中に懸念や公約した部分について本当に同意したので、私たちが一緒に会話を交わすシーンが多かったらいいですね。

横浜:三木貴宏監督とどんな場面をより良くするために議論しました。 私たちが働いている間、誰もが同じ方向を見ていることを感じました。 だからもう少し率直で近く演じたかった。

竹内:意外に私たち二人だけの場面がほとんどありません。 長いシーンを一緒に共有するのは雨のシーンだけではありませんか?

読売新聞
竹内龍馬:1993年4月26日生まれ。 注目すべき作品には、テレビドラマ「テセウスの船」と映画「正義の国」(「チョン・スンの戦い」)があります。

横浜:そうです。 (笑)雨の場面の山崎が可愛い

Takeuchi:私のキャラクターは傘を使用しません。

横浜:はい、彼は完全に濡れた海道に走ります。

読売:役割の準備はどうですか?

Takeuchi:物語は銀行を背景にしているので、撮影が始まる前に銀行で働くこととこれについて学びました。 銀行で働いて事業を始めた知人の話も聞いてみました。 お金を借りる人とお金を借りる人について現実的に知ることができ、多くの助けになりました。

横浜:「孫とは何ですか?」 という気がしました。 そしてテレビドラマの各色を見て、池井純さんが小説を書く前にインタビューしていた運送会社の職員に会いました。 会社の環境を理解するのに役立ったと思います。 会社に展示されている船模型も見ましたが、映画に出てきた模型と同じ模型を会社から借りました。

読売:どのようなシーンが最も印象的ですか?

横浜:… 最後のシーンは… 風が強すぎました。

武内:風が本当にたくさん吹きました。 しかし、画面ではそれほど強くは見えません。

横浜:しかし、本当に素晴らしいシーンです。

読売新聞
横浜龍生:1996年9月16日生まれ。 テレビドラマ「愛の呪い」と映画「うそ焼き」が注目すべき作品です。

Takeuchi:映画の冒頭にあるシーンにつながる別のシーンがあります。 二人が縁を結ぶことになる運命である二人が縁を認知していたかどうかが不明で、どちらも解釈できるように対話時期を調整した。

横浜:その場面を撮影する前にたくさん話し合いました。 私たちはそうすることが正しいと思います。

読売:この映画で観客が注目したいのは何ですか?

竹内:「成春」といえば学生時代が思い浮かぶでしょう。 しかし、多くの困難を経験したときにストレスを受けて気分が落ち込んでいるとき、大人にはそれなりのセーションがあると思います。 しかし、戦友のように高く狙う人がいれば、その人と一緒に困難を乗り越えたときに感じる幸せ、どんなことをしても幸せはできると思います。 この作品が社会で働く人々にそのような情熱を呼び起こすことができることを願っています。

横浜:はい。 そして映画を見ている方々も、二人のアキラの縁、それぞれ克服すべき難関のある二人の人生、お互いに惹かれてぶつかり、同じ方向に進む姿に注目してほしいです。 方向。

竹内:二人はお互いを補完しますが、お互いを認め、受け入れるまで彼らの燃えるライバルを見るのは興味深いです。

横浜:彼らのライフスタイルが映画を見ている人に少しでも活力を与えることができたら嬉しいです。

READ  木村拓哉生徒役で会話なし! 「教場2」オフでも鬼教官現場|女性自身

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close