「アジアで最も重要な」慶州路富士山周辺100マイル

1 min read

まさに真夜中で、私は2番目と3番目の救急所の中間地点にいました。 50km走ったが、アジアで最も有名なウルトラマラソンであるウルトラトレイル富士山を完走するには、まだ115kmが残っている。

私は2,500人以上の参加者のほんの数人に過ぎないランナーの行に入りました。 暗闇の中を見下ろすと、4番目の救護所につながる山登りが頂上に沿って遠く前照灯が並んで立っているのが見えた。 どのくらいの上り坂が私を待っていたのかがっかりしましたが、それはこのレースのパラドックスです。

逆境はまた、UTMF(ランニングサークルで好むイニシャル)の歴史を通して行われます。 第1回大会は東日本大震災が発生していなければ2011年に開かれたはずです。 2016年、UTMFは今後の台風により短縮され、ルートが変更されました。 レースのもともとコースは、日本陸上自衛隊の滝ヶ原キャンプを通過する1つの大きなループで富士山周辺のランナーを連れて行くために使用されていましたが、年間アクセス交渉の難しさで、東と北の山ではるかに難しいパスを通る新しいルートにつながりました。 山中湖。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  高橋ゆいのIFF ATCブログ:日本での新たなスタート
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours