経済

「アメリカと違う」日本が物価を心配しない理由

G7諸国のインフレは数十年にわたり最高水準に上がっていますが、アメリカやイギリスでは8~9%という驚くべき水準を意味しますが、ある国は確かに異なります。 日本では、高いインフレが2.5%に過ぎないことを意味します。

さらに、米国連邦準備制度(Fed・ヨンジュン)とヨンラン銀行(BoE)が金利引き上げを急いでいる間、日本銀行は10年満期利回りを0%に維持するのに必要な分の債権を買い入れ、政策を保留すると発表した。

ダイバージェンスは、30年間の物価低下から日本のインフレ心理に根本的な違いがあることを示しています。 日本が他の国々と同じ衝撃(特に輸入商品の価格上昇)に大きく露出していますが、価格引き上げから賃金引き上げに至る経路はほとんどありません。

対照的に、UBSのシニアエコノミストである柳田愛知氏は、デフレ考え方は、圧力が反対方向に向かう傾向があることを意味していると述べた。 「日本では、輸入価格が上昇するとデフレが発生する可能性があります。 そのため、日本でインフレが続くと想像するのは難しい」

米国とヨーロッパでは、企業は通常、原材料と商品価格の上昇に対応して、そのコストを消費者に転送します。 しかし、日本では、企業が価格を引き上げると大衆の反発を恐れている一方、数十年間停滞した給与に苦しんでいる労働者は、店でより高い価格を買う余裕があるより高い賃金を要求しません。

企業が輸入品に対してより多くの費用を支払う必要がありますが、小売価格を引き上げることができない場合は、利益に圧迫されます。 彼らはしばしば賃金のコストを削減するために反応し、最終的にインフレ圧力ではなくデフレ圧力を生み出します。

金曜日に発表された政府データによると、日本の4月の消費者物価指数は1年前より2.5%上昇し、ボラティリティの高い食品価格を除くコア消費者物価は7年ぶりに最速で上昇し、BoJの目標値を達成しました。 。 2.1%です。 しかし、食品とエネルギーの影響を除いて、価格は1年前よりわずか0.8%上昇しました。

BoJは、ほとんどの経済学者と一緒に日本経済の基本需要が弱いと確信しています。 したがって、欧州と北米の相手国よりも自信を持って、現在のインフレが一時的になり、輸入価格の引き上げの影響がシステムを通過すると消えることが予想されます。

日本のインフレが他の先進国より低い理由と、アナリストが持続可能性が低いと考える理由を説明するいくつかの異なる要因があります。

まず、4月のインフレ数値の大部分は、昨年当時首相だった菅吉秀が設計した携帯電話関税引き下げの年間比較から消えたことを反映しています。 これは、基本インフレが数値が示唆するよりも低いことを意味します。

第二に、日本経済は世界の他の地域で行われた厳格な封じ込めを行ったことがないにもかかわらず、ファンデミック以前のレベルに回復していません。 経済活動の制限は少なかったが、ほとんどの高齢者がコロナ19の予防接種を受けた後も、人々は予防措置を取り続けた。 日本はまだ観光客に休業します。 これは消費者支出に大きな打撃を与えた。

第三に、円安は経済にとって大きな浮揚策となったが、その効果は過去よりも弱い。 日本の大企業はサプライチェーンの大半を中国に移転した。 日本が依然として輸出している資本財に対する需要は、中国経済の弱さにより大きな打撃を受けている。

「物価上昇と一緒に [Covid] シティグループの日本経済学者村島喜一は「中国の封鎖が深刻なため、メーカーは今年の売上を増やすことが困難になる可能性がある」と話した。 「企業はまた、円安の影響を一時的な横断として見て、固定費の引き上げを望まない。 [by raising wages]」

BoJは日本のようなインフレが落ち着くと確信しており、経済を抑制するのではなく支援しなければなりません。 黒田春彦銀行総裁は、最近の演説で「短期的に予想される物価上昇は、エネルギー価格と持続可能性不足によって主導されるだろう」と述べた。 「中長期インフレ予想が急激に増加したことはありません。

彼は「現在の日本経済状況が米国、ヨーロッパと完全に異なるという点をもう一度強調したい」と話した。

READ  日本経済、第2四半期回復、感染症の懸念

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close