「オッペンハイマー」日本で賞賛と批判を引き出す

Estimated read time 1 min read

原子爆弾科学者ロバート・オッペンハイマーに関する受賞歴のあるハリウッド映画は、2週間前の封切り以来、日本で交錯した反応を呼び起こしています。 3時間のこのドラマは8ヶ月前にアメリカで初めて選ばれ、最優秀作品賞と最優秀監督賞を含む7つのオスカー賞を受賞しました。 原子爆弾被害都市である広島と長崎を含む日本の視聴者の反応は多様だった。

「オッペンハイマー」は第二次世界大戦当時、米国を背景とする。 この作品は、広島と長崎の原子爆弾の災害的な結果を知り、物理学者の深くなる苦悩を描いています。

クリストファー・ノラン監督は、この映画が核兵器の危険性に対する認識を高めるのに役立つことを願っていると述べた。

クリストファー・ノランは、第96回アカデミー授賞式で「オッペンハイマー」で最優秀監督賞と最優秀作品賞を受賞しました。

この映画の日本の配給会社は、公開週末が今年の外国映画の中で最も売上を上げたと述べた。 最初の3日間に約23万人が視聴したそうです。 「オッペンハイマー」は若い層、特に20代に人気を集めた。

広島の高校生は、核爆弾の理解を修正する必要性を感じたと語った。

広島で高校に通う一人の生徒が「オッペンハイマー」について話します。

ある20代の女性は、東京で映画のテーマがとても重かったにもかかわらず面白く見たと言いました。

23歳の男性は日本で学校で原子爆弾について勉強したことがあるが、米国の観点から原子爆弾の歴史を見たのは初めてだと述べた。

28歳の男性は、この映画を通して、当時アメリカで何が起こっていたのかを垣間見ることができたと言いました。 彼は日本が世界で唯一の原子爆弾を迎えた国にならなければならず、再び原子爆弾を使用してはならないと強調しました。

東京に住むもう一つの女性(28歳)は映画を必ず見なければならないのに圧倒されたと話した。 彼女は、このトピックについてもっと深く考える必要性を切実に感じたと言いました。 原子爆弾だけでなく世界情勢と戦争、世界平和についても考えてみるきっかけになったという。

「オッペンハイマー」を見た28歳の女性は、映画が提示する問題に対する好奇心に圧倒されたと述べました。

批評家は、広島と長崎の肖像画が不足していることに焦点を当てています。

日本の核兵器廃止のためのNGOネットワークは、4月7日にオンラインシンポジウムを開催しました。 映画に関するコメントが交換されました。

一部の批判では、映画に広島と長崎の苦しみを描いた内容が含まれていないことに焦点を当てています。

映画「オッペンハイマー」の一シーン

核談論を研究している米国ドポール大学の宮本幸樹教授は、原子爆弾がどのような役割を果たしたのかを理解することが重要だと指摘しました。 彼女は「オッペンハイマーが感情的紛争を経験した場合、彼を悩ませた核被害を見せなければ視聴者の理解が深まる。 原子爆弾実験によるアメリカ人の犠牲者もいました」

4月7日、映画関連オンラインシンポジウム主催の浅野秀夫(左上)、鈴木達次郎教授(右上)、宮本由紀教授(下)

長崎大学核兵器廃棄研究センターの鈴木達次郎教授は、映画全体が反核メッセージを含んでいると述べた。 爆撃に苦しむ場面がなく、視聴者たちが何が起こったのか想像しかできなかったと話した。

シンポジウムを主管した浅野秀夫氏は「「オッペンハイマー」を映画館で上映すれば、観客が単に過去の話ではなく、依然として存在する問題に対する行動を促す作品だと思うきっかけになってほしい」と話した。 今日」

ひばく社:「きのこ雲の下で起こったことは重要です」

広島県の佐久間国彦は、爆撃当時の生後9ヶ月でした。 彼は、原子爆弾都市から約3km離れた自宅で放射線にさらされた。 彼は時間を明確に覚えていません。 それでも彼は小学校時代の腎臓と肝臓の病気に苦しんで長い間学校を欠席しました。

佐久間は原爆生存者として国内外の人々に核兵器廃棄を促す活動をしてきた。

佐久間国彦は、広島出身の原子爆弾生存者です。

佐久間氏は「爆撃された都市と被爆者のイメージが映画にないからといって、映画が爆撃をほとんど扱わないという意味ではないと思う」と話した。 しかし、きのこ雲の下で起こったことは重要であり、私たちは平和構築のために爆弾テロの悲劇的な結果をどのように活用するかについて誰もが考える必要があります。

佐久間氏は、この映画が広島と長崎を訪れる人が核兵器について学び、判断するようにインスピレーションを与えたいと言いました。

広島の平和記念博物館には、1945年に都市の原子爆弾に関する展示があります。
READ  日本のゲーム会社セガサミー、米国ファンドにリゾートを売却
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours