「オッペンハイマー」250万ドルで日本公開

Estimated read time 1 min read

「オッフェンハイマー」が劇場に開封してから8ヶ月を超えるように(オスカー最優秀作品賞受賞も一度)クリストファーノランの歴史的な叙事詩は依然として新しい観客を探しています。

この映画は週末に最終市場である日本で343の劇場で250万ドルをかけて公開しました。 ホラー映画「奇妙な家」とアニメ「ハイキュー!!」に続き、国内ボックスオフィスチャート3位を占めました。 ユニバーサルピクチャーズによると、「オッペンハイマー」は2024年日本ハリウッド封切り作の中で最大の公開週末記録で「アクアマンと失われた王国」(160万ドル)、「듄:パート2」(130万ドル)を抜いて最高記録だ。

バラエティでもっと見る

今回のチケット販売で「オッペンハイマー」は全世界で9億6500万ドルという膨大な売上を記録することになった。 主に実験室と米国政府庁舎を背景にした3時間のR等級ドラマゴは驚くべき記録だ。 興行収益に加えて、1億ドル予算のこの映画は最優秀作品賞と監督賞を含む7つのオスカー賞を受賞しました。

アメリカ製映画が北米より数ヶ月遅れて日本でデビューするのは珍しいことではありません。 だが'オッペンハイマー'公開前からこの映画の公開可否についての推測が出た。 とにかく日本でやるよ。 原子爆弾製造をリードした米国理論物理学者ロバート・オッペンハイマー(キリアン・マーフィー)の話を手掛けた映画で、素材が日本内でも議論となっている。 このような大量破壊兵器は、1945年に広島と長崎商工で爆発し、数十万人の日本市民が死亡しました。

日本で大半のハリウッド映画を公開する配給会社の東北(Toho-Towa)は「オッペンハイマー」に関与しないことに決めた。 昨年12月までは映画が日本に公開されないようでした。 Bitters Endが映画を選びました。 「トピックに関連する数ヶ月間の思いやりのある会話に続いて」。 ビターズエンドは、以前は日本でオスカー賞を受賞した「寄生虫」の発売を担当しており、現在は日本アカデミー賞候補に上がった「Perfect Days」を演じています。

ノランの以前の作品と比較すると、「オッペンハイマー」の初動チケット販売量は「インターステラ」、「バットマンビギンズ」、「ダンケルク」、「ダークナイト」より高かった。 「The Dark Knight Rises」や「Tenet」と同等です。 Universalによると、リリース時点と同じ時点で「Inception」の下にあります。 「インセプション」は監督の日本国内最高収益映画で4,200万ドルを記録し、最近公開した2本の「テネット」と「ダンケルク」は日本映画館でそれぞれ2,500万ドルと1,480万ドルを稼いだ。

最高の多様性

参加 バラエティニュースレター。 最新のニュースを見るには、以下をフォローしてください。 FacebookTwitterそして インスタグラム

READ  Nintendoがビデオゲームを超える4つの方法
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours