「オリジネータープロフィール」技術、日本メディアの支持を得る

Estimated read time 1 min read
読売新聞
Originator Profile技術の発表は、金曜日の台北で開催された第74回World News Media Congressで行われました。

情報空間で発見されるデータの信頼性確保を目指すデジタル技術であるOP(Originator Profile)の実用化の動きが加速している。

先月末までに、新聞、テレビ、広告業界の27社が昨年12月に設立されたOPCIP(Originator Profile Collaborative Innovation Partnership)に参加しました。 OPCIPは2025年の実用化を目指し、今年の夏関連技術をテストして実演するための試験を開始する計画だ。

世界的な関心

6月28日から30日まで台北で開かれた世界ニュース出版人協会主催第74回世界ニュースメディア大会で前木理一郎読売新聞編集長のOP発表が大きな関心を集めた。

スウェーデンのメディア企業の上級アドバイザーであるKall Jungkvist氏は、OPが今後のオンライン情報の信頼性を支える技術の基盤となる可能性があると述べた。

OPは、インターネット上のメディアが配布するニュース記事、企業ホームページに掲示された情報、広告など情報コンテンツそれぞれに電子識別子(またはマーカー)を挿入して情報の出所を認証する技術である。 、情報の信頼性を一目で証明します。

インターネットには、事件の直接的な説明やトピックに関する真剣な研究に基づいて書かれた信頼できるニュース記事がありますが、主に多くの視聴者を導くために虚偽または極端な情報を含む記事もあります。 OPが普遍化されると、本物の情報と偽の情報を簡単に区別できます。

この新技術に各種メディアが注目している。

新興技術に関するニュースと情報を提供する米国企業であるDecrypt Media Inc.のCEOであるJosh Quittnerは、総会で今後のOPの使用方法に注目したいと述べた。 彼はこの技術がグローバル標準に使われる仕様になることが非常に望ましいと付け加え、発展と発展を期待した。

強い反応

OPCIPは、読売新聞、その他のニュースメディア、広告技術会社を含む11の新聞社によって設立されました。 これまでに27の会員会社と団体があります。 6月にはNikkei Inc.がOPCIPに加入し、これは日本の全国新聞が会員になったことを意味します。 OPCIP関係者は「反応が予想より強かった」と話した。

パートナーシップ内では当初、OP推進に障害が高いという見方があった。 一部では、システムが複雑すぎてビジネスモデルに現実化できるか予断するのが難しいという懸念も出てきた。

しかし、実際にイニシアチブが始まると、様々な分野で一連の問い合わせが入ってきた。

OPCIPは去る4月群馬県高崎で開かれた7人のデジタル・技術長官会議と連携してOP広報展示会を開いた。 展示会を訪れたある観覧客は、「OPのような技術がなければ、私たちの子供たちにインターネットを使うようにするのが楽ではない」と話した。

国際標準化

6月中旬、OPCIP開発チームは東京で2日間集中的な議論をしました。 慶應義塾大学の研究者や民間部門のエンジニアは、初めてのデモンストレーションを準備しながら技術的問題を扱いました。

OPの開発状況を見せようとする意図で、その過程で若干の失敗があっても実証する価値があるという態度を表明しました。 「まず一つの実験をしましょう」

OPCIPは7月から実証実験を開始することを目指しており、会員会社であるメディアおよび広告会社と協力して段階的に実施するパイロット事業だ。

まず、外部から隔離されたネットワーク環境でOPプログラムが正常に動作していることを検証する実験です。

徐々にOPマーカーが挿入された記事や広告が増えて、最終的に実際のニュースサイトにプログラムを掲載してうまくいくかどうかを確認します。

OPCIPは国際標準になることを目指すため、OPの開発を加速しています。 米国と欧州諸国でも同様の開発プロジェクトが進められているだけに、日本が先頭に立つには早い時期に技術を確立しなければならない。

OPCIPは今年末までにWeb標準国際標準化機構であるW3C(World Wide Web Consortium)に提案書を提出することを目指している。

黒坂達也(48)OPCIP事務総長は「2025年の実用化を実現するために非現実的な提案ではないことを立証する」と述べた。

法律はほとんど防御を提供しません

生成型人工知能(Generative Artificial Intelligence)が台頭する中で、情報の出所や発信者を識別する技術であるオリジネータープロファイル(Originator Profile)を活用すれば、著作権侵害と偽ニュースの拡散をある程度抑えることができると期待される。

ジェネレーティブAIの開発と活用が事実上規制なしに拡大し、一部の専門家はインターネット情報の信頼性を判断できるシステムを作らなければならないと主張する。

Generative AIはインターネット上の情報を学習し、文章や画像を生成します。 一方、2018年に改正された日本の著作権法は、新聞記事など著作権のある著作物でも許可なくAIが文章とイメージを学習できるようにしている。

法は「著作権者の利益を不当に侵害する場合」にAI学習を許可しないが、文化庁は商業的に利用可能な「学習データベース」の無断複製をそのような事例に挙げている。 他の事件は裁判所で解決されなければなりません。 先月政府は著作権侵害の可能性などを議論する方針を確定しただけだ。

ジェネレーティブAIは、インターネット上の良い情報と悪い情報が混在している情報で学習し、結果として偽または間違ったテキストと画像を生成する可能性があります。 AIがどのデータで学習したかを外部から区別することはほとんど不可能です。 読売新聞の前木理一郎編集長は、ルールが設けられていないとOP技術が無視される可能性があると警告した。

著作権法の専門弁護士である池村聡氏は次のように警告します。 民主主義の核心が毀損される危険が大きくなった」と話した。

彼はまた「虚偽情報に渡らないようにインターネット情報の信憑性を明確にする措置が必要だ」と話した。

彼は「政府は、情報がAIによって生成された情報なら、企業に明示的に明示する義務を課すなど、早急な措置を取らなければならない」と促した。

READ  米国のCPIの下落にアジア市場が急上昇。 楽観的な中国の小売販売、産業生産量
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours