経済

「カプコン」求職者情報の巡回「矛盾」と指摘不正アクセスの被害に影響広報」の説明が足りなかった」:J-CASTニュース[전체보기]

ゲーム企業」カプコン」がサイバー攻撃から企業データが流出した問題に関連して、会社の個人情報の取扱い説明に不備がJ-CASTニュースの取材で分かった。

求職者を対象に、不採用の履歴書は、「破棄」すると伝えたが、今回の被害は、応募情報約12万5000件流出した恐れがあるとしている。 SNS上で「破棄しなかっただろう」と指摘が提起されている。

  • カプコン公式サイトで

  • カプコン公式サイトで

1テラバイトの情報盗用?

カプコンは、2020年11月16日 “Ragnar Locker(ラグナロッカー)」を名乗るサイバー犯罪集団でランサムウェア(身代金ウイルス)の被害を最大35万件の内部情報が流出した可能性があると発表した。

この日までの従業員のパスポート情報や販売レポートなどの流出が確認されたという。 クレジットカード情報は流出していません。

ラグナロッカー側1TB(テラバイト)の情報を盗むしたと主張して身代金を要求。 11日18時までの交渉期限としていた。 カプコン側が応じなかったとみられ、一部の情報が匿名性の高いインターネット空間「ダークウェブ」に掲載された。

この会社は、外部の専門家を交えた対策会議を開くなど、原因の究明と再発防止に努める。 専用お問い合わせ先(電話0120・896・680)も設置した。

「私たちの説明が不足した」

被害届を受け、採用応募者情報の保護をめぐる「矛盾」がツイッターで多数指摘されている。

今回の被害で採用応募者情報(氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、顔写真など)が約12万5000件の流出の懸念があるとするが、この会社は、公式サイトに「採用選考の結果採用に至らなかった方や採用を拒否していた方の応募書類は選考後、当社で責任を破棄します」と明記した。

そのため、「キャンセルしていなかっただろう」と疑問が提起されている。

カプコン広報IR室19日J-CASTニュースの取材に「私たちの説明が不足していたことを皆さんに謝罪する」と非を認めた。

広報IR室によると、履歴書などの書類は破棄した後、「再度応募することの方もいらっしゃるシャー確認をスムーズにするために、「電子化して一定期間(期間は非公表)に保管しているという。 流出の可能性があるのは、電子データになる。

電子化に関する説明が漏れていたため、すでにサイトの説明を変更に着手しているとした。

READ  iFi Audio、PCM 768 / DSD 512対応のDAC兼ヘッドフォンアンプ - AV Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close