理科

「クレームデシビル」に加えて、コロナの治療に効果的なのは? 米国の承認された治療・療法を説明 | AERA dot(アエラ点)

AERA 2020年12月14日号

国内で承認された新型コロナ治療はクレームデシビルが。 米国ではすでにクレームシュビル以外にも4つの薬や治療が承認されている。 どれか。 AERA 2020年12月14日号で。

[그래프]このように増加している…重度の推移はこちら

* * *
米国では、米国食品医薬品局(FDA)がクレームシュビルに加えて、すでに4種類の治療・療法の緊急使用を承認している。 中2種類の新型コロナウイルスに対する抗体を人工的に作られた「抗体医薬」である。 トランプ大統領が投与された二種類の抗体を混ぜたご飯剤ネロンと米国イーライリリーのものである。

すべて軽症中等症の患者を対象に、入院や救急搬送を予防するために外来で水滴による投与を受けると予想している。 したがって、基本的に外来で新型コロナウイルス治療をしていない日本に導入するかどうかは不透明だ。

■血漿療法を緊急承認

他の種類は、クレームデシビルと一緒に使用する条件に緊急使用を認められたイーライリリーのバリ時ち部(商品名オールミエント)である。 関節リウマチの治療薬として開発され、炎症を抑える作用がある。 日本でも関節リウマチの治療薬として承認されている。

しかし、現在の米国立衛生研究所(NIH)のガイドラインは、バリの際ち部には、体の細胞の増殖などに影響を与える可能性がありますので、慎重に使用する必要が一方新型コロナウイルスに対する効果は十分に知らないとしての使用を「推奨しない”告げる。

緊急使用が承認されたもう一つは、回復した患者の血漿(川)を投与する血漿療法である。 プラズマは、血液中の赤血球や白血球などの血球を除去した液体成分で、その中には新型コロナウイルスに対する抗体が含まれる。

科学的根拠に基づいた健康情報を提供するために、医師が作成し、世界的なネットワーク」コクラン」は8月19日までに公表された量は約3万8千人が参加した血漿療法の臨床試験19種類の結果を分析した。 そして「効果はまだ不明である」告げた。 進行中の臨床試験は、138種類あるので結論が出てくるには、まだ時間がかかりそうだ。

しばらく治療の選択が少ない状態で、重症患者の治療をしなければならない状態が続く。 (科学ジャーナリストキュウリガラス)

AERA2020年12月14日抜粋

トップに戻る AERAの記事リスト

READ  銀河の最初の観測の迅速な伝播バーストの発生源は、マグネター。原理解明は、より観察が必要 - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close