技術

「クワッド」国、安全なマイクロチップのサプライチェーンに同意 – メディア

米国、日本、インド、オーストラリア、通常は次の週、ワシントンで会っ安全半導体サプライチェーンを構築するための措置をとることに合意するものと日経ビジネスデイリーが土曜日の共同声明の草案を引用して報道した。 ジョー・バイデン米大統領は増加する中国の主張に対抗するために協力を強化するために努力してき4カ国(Quad)国家指導者の最初の直接会談を主催する予定です。

草案には、強力なサプライチェーンを作成するために、4カ国が、半導体の供給能力を確認して脆弱性を識別すると、日経は伝えた。 声明はまた、高度な技術の使用が人権尊重の原則に基づいてしなければならないと言っていると新聞は、Webサイトで語った。

日経は、この草案に、中国の名前が出てこなかったが、中国が権威主義体制を維持するための技術を活用する方式が全世界に拡散されるのを防ぐためのものだと伝えた。 米国と中国は貿易と技術を含む全体的な問題について意見を異にしており、バイデン前副大統領は4月、自分の国と米国の同盟国である日本が5Gと、半導体サプライチェーンの分野で一緒に投資すると言いました。

日本の外務省からすぐにコメントすることができる管理はなかった。

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  Microsoftは、Windows 11で、デフォルトのブラウザを転換することをより困難にしています。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close