エンターテインメント

「ケロリン通酒」は、健康被害の懸念メーカーは、50点以上に注意してきたが、…:J-CASTトレンド[전체보기]

「ケロリンの筒に酒を入れている店にメーカーが注意している」のTwitterの投稿である。 富山めぐみ制約(富山市)鎮痛剤「ケロリン」の名前が印刷された風呂桶(以下ケロリン通)が食器とグラスの代わりに不適切に使用されたこの会社は、公式サイトに注意喚起を行うものである。

複数のレストランでケロリンベッドの間違った使用されている報告を受けたすぐに適切な食器に置き換えるように呼びかけている。 実際に健康上のリスクがあるようだ。

  • 「ケロリン通」を食器として使用することは、すぐに停止しなければならない

「重金属や化学物質の溶出によって食品が汚染の懸念

詳細については、J-CASTトレンドは富山めぐみ制約話していた。 取材に応じた会社東京支社の管理薬剤師・北村学氏は、

「ケロリンベッドはあくまでも風呂桶です。食器として使用するために必要な各種規格適合溶出試験を実施していないので、食品衛生法上認められた使用方法ではなく、安全性が担保できません。」

と説明した。 ケロリン包装に食品や酒類を入れて提供する行為を「直ちに中止してほしい」と訴えた。

日本食品衛生協会食品衛生研究所(東京都町田市)の公式サイトにある「容器包装規格試験」によると、食器・食品に使用する器具・包装材などは、直接食品と接触して使用されていることから、「重金属や化学物質の溶出によって食品が汚染される」可能性がある。 これらの食品に接する器具及び容器の安全性については、食品衛生法に基づいて材質と使用用途別に規格基準が設定されており、この基準に適合しなければ食器として使用することができない。

北村氏は「アルコールは最も近い溶剤の一つ」であり、プラスチックであるケロリンベッド成分が主流に溶けてしまう恐れもあると指摘した。

「ひどい場合には、ケロリン通にラーメンを入れて提供する飲食店もありました。アルコールだけでなく、急激な温度変化によって溶出する可能性があります。個人的にする方は自己責任ですが商品として提供するということは、常識的に考えていることがありません “

2018年頃から誤った使用を見て、何度も直接注意

ケロリンベッド不適切利用に関する注意喚起は、「事実、今回が初めてではない」と北村氏。 似たような事例は、2018年頃から報告されており、これまで直接注意を行った企業は30社以上の店舗につきましては、50店舗以上に達するということ。

「最初に注意したのは、食べ物チェーンを展開する企業だったが、相手は初めて “なぜやめなければならない」という態度であった。 その後も1,2ヶ月に何度も注意、いよいよ裁判に持ち込む警告段階で相手も、最終的に誤った使用をやめました」

しかし、その後もケロリン通を食器として使用する飲食店のレポートは終わりがない今、多くの場合目撃が上がっている北村氏。 「いよいよ直接注意して回っていたのが追いつかない」事態が来たと考えて今週の換気に達したと経緯を明らかにした。

レストラン側に実際に健康被害がしまう前にやめてもらっ強く訴えた。

READ  香港の地選定21世紀の日本映画ランキング傑作で通好みまで25:映画ニュース - 映画.com

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close