エンターテインメント

「コード・ブルー」続編は無理かの主要な制作陣が続々と退社 – ライブドアニュース

コードブルー続編放棄? 内情

山下智久「コード・ブルー」続編放棄または主要制作陣が続々と退社

写真の拡大


「山下さんのインスタグラムは、8月2日の記事が止まっています。でも、今も毎日のようにファンからの「会いたい」「ずっとずっと愛」などの文が殺到しているのです」(芸能関係者)

未成年者に飲酒プレスで8月17日から芸能活動自粛の状態が続いている山下智久(35)。 10月中旬には「FRIDAY」で黙々とジョギングに励む姿が報道されているが、近況といえば…

「家で作曲や英語の勉強をしたり、体を鍛えるためにトレーニングをしながら復帰を準備しているようです」(音楽関係者)

復帰は新型コロナの影響で延期された亀梨和也(34)とのユニット「亀と山P」の活動を開始する可能性が濃厚であると、多くの関係者が口をそろえる。

「海外志向が強い山下さんが、亀梨さんとのユニット活動は楽しむことができたからです。良い復帰予定ですか」(前出・芸能関係者)

復帰後にどのように回復を図っていくのか、その動向にも注目すべきところだが、多くのファンが山下強く望んでいる作品があるという。

「主演を引き受けた ‘コード・ブルー「シリーズ(フジTV系)です。ドクターヘリがテーマでは、この作品を見て、医療従事者を目指すようになった声もある。」何度も検討している」「どうか第4シーズンを作って「渇望する声がやみません」(テレビ雑誌ライター)

「コード・ブルー」は、’08年に第1シーズンが放送された後、’09年に単発’10年第2シーズン’17年第3シーズンが放映。 また、’18年公開の劇場版の興行収入は、同年放火第1位93億円という快挙を達成した。 しかし、第4シーズンの可能性を関係者探ってみたところ…

“”コード・ブルー」の続編はもうないと認識しています “

そう断言するのは、ドラマ関係者。

「元の劇場版の撮影時山下氏をはじめ出演者たちは、「これを集大成する。 最後である」という考えに努力していたとします。ただ、その映画が予想以上に成功したことフジTVでは再びしたい旨のことですが……」

しかし、シリーズ生存をあきらめざるを得ない決定的な要因があった。

「昨年「コード・ブルー」の製作に参加しましたプロデューサーと監督がそれぞれフジTVとフジの関連会社をやめてしまっています。これにより、事実上の続編の芽が消えたということです」(前出・ドラマ関係者)

フジTVの「コード・ブルー」の続編の可能性を問い合わせと…

「制作の詳細については、回答をしていません」と答えた。

「コード・ブルー」と呼ばれる場所は、もう戻れない。 復帰後の山Pが歩く道果たして – 。

「女性自身」2020年11月10日号掲載

READ  「バイオハザードRE:3 "のほか、バイオハザードシリーズ作品を最大50%割引で購入することができる" CAPCOM HALLOWEEN SALE」がPS Storeで開催

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close