エンターテインメント

「サイバーパンク2077」はすでに開発費と広告費を回収した| AUTOMATON

CD PROJEKTグループは12月11日の投資家の企業レポート公共の。 その中で、「サイバーパンク2077」の開発費と広告費をデジタル版の予約販売を介して回収する見込みだと発表した。

厳密に言えば、デジタル版の予約販売を介してCD PROJEKTが受けるライセンスロイヤリティが①ゲーム開発に関連するすべての支出②既に発生と2020年の発生が予定しているゲームのマーケティングやプロモーション費用を上回る見込みとなっている。

CD PROJEKTは、世界各地でのパートナーと協力して、パッケージのバージョンを販売している。 デジタルゲームの売上高が強い時代であるが、これらのパッケージのバージョンの販売を離れても、すでに膨大される開発費・広告費を回収したようだ。

実際「サイバーパンク2077」の合計開発費については、わからないが、2020年第3四半期の業績発表資料よりも、その数字を少し推測できるかもしれない(リンクはPDF)。 CD PROJEKTグループは2018年から四半期ごとに5億円以上の開発費が計上されており、2019年第3四半期から四半期ごとに10億ウォン以上の開発費が充てられている。 開発費のすべてが「サイバーパンク2077」に合わせられているわけではない。また、8年の間に開発されている関係で、その全貌は見えない。ただし、その金額の大きさが聞いて知ることができるだろう。また、キアヌ・リーブス氏の起用や大規模なプロモーションによる広告費の費用も大きなものだろう。膨大なテキスト量のゲームにもかかわらず、日本語もダビング​​音声が搭載されており、日本語のローカライズだけで大規模な投資が行われている。

しかしそれ以上の収入を得ているようだ。 この作品は、パッケージのバージョンを含む予約販売だけで800万本を販売していると、他の予約販売に関する数字で言えば、Steam万50億円以上の収入を得ていること。 ここでGOG.comバージョンとコンソールバージョンが加わり、さらに発売日の売り上げを増していくことで、その額は途方もない。 「サイバーパンク2077」は、マルチプレイモードなどを含む今後さらに開発されていく。利益面での成功を収められることで、フランチャイズの見通しも明るく見える。


READ  浮遊動物が、トルコの犬のに会うの世界に出演します。 エンターテイメントニュースと主なニュース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close