「ジョルバ」小説家「最後の航海」日本進出

Estimated read time 1 min read

祖国で最も有名な小説家であり、生計を立てるために苦労するジャーナリストだったとき、「ギリシャのジョルバ」作家Nikos Kazantzakisは、彼のキャリアの後半を形成し、最終的にインドを導く形成的な旅のために日本に航海しました。 彼の時早い死に。

極東旅行の記録に基づいて、ジャーナリストであり、ドキュメンタリー映画の制作者であるAris Chatzistefanouによって書かれた「Last Voyage」は、2つの世界大戦間の期間がどのようになるかを探索するフレームワークとして使用しながら、その旅行を調査します。 「日本の奇跡」として知られています。 Moviementa ProductionsのためにKyriakos Chatzistefanouによって作成されたこの映画は、今週Thessaloniki Documentary Festivalで初演されます。

ギリシャの最も偉大な現代作家は、この国の文学の分野で独特の位置を占めています。 しかし、最近の日本旅行では、Chatzistefanouは1935年にアジア訪問に基づいてKazantzakisのあまり知られていない旅行機の1つである「Japan-China:A Journal of Two Voyages」を同行しました。 「Lonely Planet」とこの本の華やかで描写的な一節を通して日本を旅しながら神社と仏教寺院を見据えた監督が言いました。

しかし、カザンチャキスの地政学的風景の鋭い解釈と資本主義に対する彼の過酷な批判が映画制作者を捕らえました。焦点を当てました。 ユーロ圏。

この本は、「ギリシャ人ジョルバ」や「キリストの最後の誘惑」などの代表作がまだ彼の前に置かれているカザンチャキスの生涯と哲学的な進化の形成期について照明します。 「彼の考え方の核心は、 [but] それは私たちが知らないテキストの一部です。」とChatzistefanouは言いました。 「公式の歴史で議論されていない彼の人生の一つです」

「Last Voyage」は、その本のオマージュであり、現代日本を通じた視覚的な旅です。 漫画、アニメーション、ビデオゲームを組み合わせた現代的な映像は、カザンチャキスの著名な作家が読み上げたテキストとの会話と並列で解放します。 ギリシャのアーティストYannis AggelakasとOlia Lazaridou。

Kazantzakisは気まぐれな精神で有名でした。 「彼はすごい人物でした。 彼は理論とイデオロギーの間を行き来し、誰もが彼を嫌いだった」とChatzistefanouは言った。 「教会は彼が有神論者だと思いました。 彼はクリスチャンではありませんでしたが、非常に強い信仰を持っていました。 左派は理想主義者だった。 右派は親左派の唯物論者だと言った。彼は左派でもない。

しかし、Kazantzakisは、1930年代に世界中をさまよっていたファシズムの脅威が大きくなることに反対して、声を出せず、あるいは認識しないようにする確信を持った反帝国主義の信念に熱烈でした。 「彼は予想通りファシズムを批判していませんでした」とChatzistefanouは言った。 「彼はアメリカ、イギリス、フランス、そしてすべての旧列河を憎むので、彼は当時ファシズムに進んでいたイタリア、ドイツ、日本のような新しい強大国に席を譲っていた」。

しかし、作家の極東旅行は転換点となりました。 Chatzistefanouは、「35年以上経過すると、彼が以前に信じていたものの暗い面に気づくでしょう」と語った。 「彼はこのような膨脹主義政策で日本に本当に悪いことが起きることに気づいた.」

しかし、昨年、その国に対する彼の鋭い批判にもかかわらず、カザンツァキスの旅行者はまだ日本という謎に惹かれました。 「私は彼がこの矛盾が好きだと思います。 彼が言ったように、彼らは [cherry blossoms] 大砲を覆うために」とChatzistefanouは言いました。彼は、今後の機械の現代性が気に入らなかった」。

偉大な小説家は、1957年に妻と一緒に日本を訪れたとき、「最後の航海」の終わりに再生されたラジオインタビューで古代エジプトのことわざを引用します。 ヨーロッパに戻る途中、Kazantzakisは自分自身を含む世界中で400万人を超える生命を奪う「アジアインフルエンザ」の流行病にかかりました。

作家が「最後の航海」で提示した現代日本に対してどのように対応するかについては、チャチステファヌが慎重だった。 彼は「彼がそれを好きかどうかは確信できない」と話した。 「彼が愛したのは旅行そのものでした」。

READ  日本の家計、来年の物価上昇予想 - BOJ調査
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours