スポーツ

「セルティックは彼を1年間追跡した」 – Hoopsが日本のスターを見ている

セルティックが欧州と国内のサッカーへの攻撃を続けている間、ファンは現在日本のスターがクラブに持ってきたことを喜んでいました。

古橋京庫が暴露した。

センセーションを起こさないレオ。

前田大善は2試合に1ゴールずつ脅かしている。

出口吉介は怪我で彼の発展を妨げたので、まだ時間が必要です。

しかし、5番目の日本契約があるかもしれません。 そして6月にVital Celticが報告したものの1つでした。

イタクラコはセルティックがマンチェスターシティとの関係を活用して世界的なスターを誘引しようとしたため、パラダイスへの移籍と密接な関係があります。

彼は代わりにシャルケと彼らのスポッティングディレクターが公開したブンデスリーガ2へのリース移籍を選んだ。 [The Daily Record] Hoopsが彼の署名を確保するのにどれほど近かったのか、 「マンチェスター・シティで彼を獲得するには、多くの忍耐が必要でした。

「例えば、ケルトは彼を1年間追跡し、彼を獲得するために必死でしたが、私たちは彼らに勝つことに成功しました。

「私たちは待たなければならず、オリンピックサッカーのトーナメントが終わるまで取引を完了できませんでした。

レコードは、融資が終了するにつれて、セルティックは夏に移籍を復活させることができると主張しています。

しかし、イタクラはドイツの2軍生活を楽しんでいるようだ。 「ここで気分が良く、長期的にシャルケで遊びたい」

25歳の選手は現在25試合に出場し、2ゴールを決めるチームで延長された試合を楽しんでいます。

READ  Emma Raducanu:USオープンチャンピオン、Sunday Timesが今年のスポーツウーマン賞を受賞テニスニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close