理科

「デジタルデトックス」はスクリーンタイムの上昇で日本で魅力を得る。

スマートフォンのようなデジタル機器が生活必需品になった時代に、人々は日常生活に集中するためにしばらくこれらの機器から分離して心の平和を見つけ、実生活に集中できる「デジタルデトックス」という慣行に対する認識を得て、あります。 相互作用し、バラのにおいを取る時間を作りなさい。

東京に住む46歳の佐藤幸子(Sachiko Sato)は、コロナウイルス感染症により遠隔授業が増加し、高校生の息子が息子の機器にこだわるように心配になったと話しました。 しかし、彼が画面を見るのにどれくらいの時間を費やしているのか、彼女も見守りながら、彼女も彼女が自分のスマートフォンにどれほど依存しているか気づき始めました。

彼女はそれからデジタルデトックスをすることにしたと言いました。 ジョギングを楽しむ佐藤は走る時にスマートフォンをロッカーに入れてデトックスを始めた。

最初、彼女は不快感を感じました。 1時間で彼女は、「私の電話がないときに誰かが私に連絡をしようとしたらどうしますか?」とは思わなかった。 その後、彼女はもっと劇的に「足首を捻れたらどうやって知らせるの?」と思った。 しかし、繰り返しながら当面した課題であるランニングに集中するようになりました。 彼女は「私は解放感を感じました。

彼女は夜にスマートフォンを寝て行かなかったり、食事の時間に食卓の上に置かないなど、機器を必要としない生活規則を徐々に導入しました。 彼女は「私はこれを少しずつやっています。

佐藤はスマートフォン中毒を意識する多くの人々の一人です。 東京に拠点を置くリサーチ会社であるCross Marketing Inc.が、日本にある1,000人の男女を対象とした研究によると、ほぼ50%がスマートフォン依存性を知っていると述べた。

専門家は、デジタル機器の使用を減らすことが、より良い睡眠から集中力を向上させるさまざまな利点によって、人々がより健康的な生活を送るのに役立つと言います。 彼らが強調するポイントは、デバイスによって制御されるのではなく、コントロールすることです。

東京に住む58歳の自営業者森和也さんは、職場で一日中パソコンの前に座って休む時間にもスマートフォンに触れながら自分の生活様式に疑問を持ち始めたと話しました。 「スイッチが常にオンになっているのと同じでした。」

しかし、携帯電話を持たずに歩き始め、「季節の変化を感じ始めた。 スマートフォンは目的ではなく手段であることに気づくことが重要です。

デジタルデトックスの利点にもかかわらず、一部の人は電話を受けずにすぐに電子メールに返信する必要があるという欠点についてまだ懸念しています。

山口県の糸山優人(27)は、ラインメッセージングアプリのプロフィール写真に「午後9時以降はスマートフォンを消す」という大きな赤い文字でメッセージを投稿した。

約4年前にデジタルデトックスを始めた糸山は、このように自分の「意図」を伝えることができ、予約なしで電話を切ることができると言います。

友達のInstagramアカウントも確認しに来なかった。 「友達に個人的に何をしたのか尋ねると、もっと活気のある会話をすることができます。」

人々が一定期間デジタルデトックスに参加し、他の参加者と経験を共有できるセミナーを開催する東京に基づいた組織であるDigital Detox Japanの取締役であるShodai Morishita(29歳)は、この概念がデジタルデバイス。

「私たちは人々が装置と距離を再び考えることができる触媒になることを願っています」と彼は言いました。 「十分な休憩のために時間をかけておくことが重要です。」

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  サメは1,900万年前の神秘的な大量絶滅を経験した:研究

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close