世界

「ドアが開かれた ‘:フランシスコ教皇、シノドゥに初の女性任命| バチカン宮殿

伝統を破って 教皇フランシスコ フランスの女性Nathalie Becquartを監督大会の次官に任命し、その職責を担って投票権を持つ初の女性です。

52歳の彼は、総会に任命される2人の新しい次官の一人で、教義のための主要な質問を調査し、2019年からコンサルタントとして活動した司教団体です。

土曜日の取付けは「教会で良識と意思決定プロセスへの女性の多くの参加を望む」教皇の願望を表していると総会事務総長であるMario Grech枢機卿は言った。

「前大会期間中に専門家とリスナーとして参加する女性の数が増えました。」と彼は言いました。

「Nathalie Becquart姉妹の地名と彼女の投票に参加する可能性にドアが開かれました。 “

大会は投票権を持つ監督と枢機卿が主導し投票することができない専門家で構成されます。

アルゼンチン生まれの教皇は、大会を改革し、女性と信徒が教会でより大きな役割をするようにという願いを表明しました。

法王は、他の次官スペインルイスマリンデサンマルティンを指名しました。

フランス本社を置くXaviere SistersのメンバーであるBecquartはパリの有名なHEC経営大学院で経営学修士号を取得し、コマンドに参加する前に、ボストンで勉強しました。

READ  夜にスマートフォンの画面から出る光を受けると、「精子の質」が低下するとの研究結果 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close