経済

「バングラデシュの自動車産業、日本の新興投資先」

DCCI会長は、日本特使に会って話す

リーズワンラーマンDCCI会長は日曜日DCCIオフィスでIto Naoki、バングラデシュ日本大使と両者のビジネスミーティングを行った。 写真:収集

“> title=

リーズワンラーマンDCCI会長は日曜日DCCIオフィスでIto Naoki、バングラデシュ日本大使と両者のビジネスミーティングを行った。 写真:収集

バングラデシュの自動車産業は、日本の企業家たちに浮かぶ投資対象になることがあるダッカ商工会議所(DCCI)会長のリーズワンラーマン(Rizwan Rahman)が今日言いました。

RahmanはDCCIで開かれたIto Naoki、バングラデシュ日本大使との両者のビジネスミーティングで言いました。

彼は2019-20会計年度にバングラデシュの12億ドル相当の商品を輸出して、東アジアの島国から17億2000万ドルを輸入したとき、日本とバングラデシュ両者の貿易は29億2000万ドルに達したと述べた。

しかし、バングラデシュの対日本輸出はコロナ19により2020-21会計年度に11億8000万ドルに減少した。

彼は現在、321個の日本企業がバングラデシュの運営されており、2021年3月、バングラデシュに対する日本の外国人直接投資は3億9,715万ドルと言いました。

彼は、バングラデシュが主に日本に衣料品を輸出すると言いながら大使に他の有望な日本の輸出製品を促進することを促した。

彼は、バングラデシュと日本が共有する強力な両者のビジネス関係を言及しながら、バングラデシュ国民にコロナ19ワクチンを提供した日本政府に感謝の意を表しました。

直樹は、バングラデシュが世界に強力なメッセージを送ることができたし、ファンデミク期間も、国内総生産(GDP)の肯定的な成長を維持することができたました。

彼はまた、Araihazarにある日本経済区が来年まで運営されることがあり、バングラデシュのための日本の投資を促進することを言いました。

日本大使は、両国政府が自由貿易協定に署名することができると言いました。

Naokiはまた、バングラデシュ、自動車産業が投資の良い対象となることができると言いました。

日本の三菱が妥当性調査を終えて、来年にバングラデシュの投資を決定すると付け加えた。

READ  Coral Capitalは$ 128Mを提供 - Bestgamingpro

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close