「ビーチハンドボール界はさらに拡大します」 – 日本が成長し続けるにつれて、東京はスポーツを受け入れます

1 min read

ビーチハンドボールは、東京湾に位置する人気ショッピング&エンターテイメント地区である人工島お台場で今月初めに開かれた「日本ビーチゲームフェスティバルお台場2024」でパイロット競技を通じて初選を見せた。

5月4日土曜日と5日日曜日に「テティス東京」ビーチハンドボールクラブは2017年から始まり、今年2日間に30,000人以上が参加したフェスティバルで若者と大人が参加する選手やコーチングスタッフと共にスポーツを披露しました。 。

ウェブサイトによると、このフェスティバルの主な目的の1つは、「特定のイベントを通じて大衆に様々なスポーツ競技を観覧し、経験する機会を提供することで、日本のビーチや海洋スポーツ大会」を促進し大衆化することです。 「ビーチスポーツと海洋スポーツを体験し、トップクラスの選手たちと交流し、ビーチスポーツをより近くで体験できる」「裸足テーマパーク」の造成を通じて

お台場で開かれる大会の関心を活かすため、テティス東京が主催する初のビーチハンドボールトーナメントも日本の首都で開催される予定であり、スポーツのお祝いイベントは日曜日、東京立川市立市ビーチで開催される予定です。 7月21日。

テティス東京の創立者であり、日本ハンドボール協会公式ビーチハンドボール広報大使は「ヨーロッパで経験したように祭りの雰囲気があるが、試合は真剣で選手たちは素晴らしいプレイをする大会を作りたかった」と話した。 (JHA)、Rika Yahara、ihf.infoに。

「数年前、私のIHF特集記事を読んだ後、スペインのチームから私を招待し、毎年さまざまなヨーロッパ大会に参加することができました。

「このトーナメントでは、選手たちの高水準だけでなく大会規模にも驚きました。ヨーロッパで経験したことを日本と共有したい」

そして、ヤハラが自分だけのトーナメントを始めるようにインスピレーションを与えたのは、ヨーロッパの砂の上で経験しただけでなく、砂の外でもそうでした。

「初めてヨーロッパ大会に出かけたとき、日本のように食事が一緒に含まれることが多くてびっくりしました。 コンビニも多くて、それぞれそこで食べ物を買って食べます」

「競争相手と話して食事する文化がとても良いと思いました。 テティス東京大会は、私たちが練習する立海ビーチのBBQ(バーベキュー)会場で開かれる予定なので、そこで開催するのが適切だと思いました。

「人工のビーチがあり、ビーチサッカーやビーチバレーボールの試合もよく行われます。 すべてのレベルの子供と大人が招待され、プレーヤーや観客はゲームの後にバーベキューを楽しむことができます。

近年、日本ではビーチハンドボールチームの数が増加し、昨年全日本ビーチハンドボール選手権大会に男子11チーム、女子7チームが参加しました。

ヤハラとテティスは最近、渋谷で小学生3~6年生(9~12歳)のための「ビーチハンドボール体験」やJHA要請に応じたショーケースイベントを提供するなど、あらゆるレベルでスポーツを継続的に推進しています。 東京の有名な歓楽街。

「渋谷は世界的に有名な場所であり、買い物客や観光客で混雑しているため、ビーチハンドボールを宣伝するのに非常に良い場所です」とヤハラは語った。 「ショーケースイベントのために非常に有名な建物の屋上にコートを設けましたが、規模が少し小さく、公式の試合は不可能でした。

「このイベントには、Thetis TokyoとSWAGの選手が一緒に集まり、Kunoichi Kunoichiを演じる最高の女性選手が参加しました。 誰もが非常に興味深い時間を過ごし、東京で最高水準の日本のビーチハンドボールの試合を見るための素晴らしい機会でした。

ヤハラと日本の残りのビーチハンドボールコミュニティには、スポーツの持続的な成長が持続可能であり、選手とコーチが本国でクラブと国を代表する機会を提供するという希望があります。 2024年全日本ビーチハンドボール選手権大会は今年10月26日から27日まで、そして世界舞台で開催されます。

「日本は国際大会に出場することがほとんどなく、スペインチームと共にポルトガルのナザレでプレーするなど、世界最高の大会を個人的に経験したが、アジアでは日本チームと一緒にプレーしたいと思います」と彼女は言いました。

「日本ハンドボール協会でも準備していますが、私もチャンスをくれと訴えています。 日本のビーチハンドボールチームは一生懸命練習し、一部は国際トーナメントに直接参加することもあります。

「私はテティス東京の松本健監督が日本最高のコーチの一人だと信じており、私たちのクラブに多くの新しい選手とメンバーが加わり、私たちが再び日本最高になることができると信じています。 私たちの選手はすべて経験がありますが、何よりも私たちはスポーツを愛して楽しんでいます。

「日本にいる私たち全員のために競技に参加するだけでなく、子どもたちを教え、トーナメントを組織することで、日本のビーチハンドボールサークルはますます多くの人が経験したいと思っており、さらに拡大するでしょう」

写真提供:ジェイソン・ハレイコ(Jason Halayko)

READ  日本、アメリカの中国訓練後の戦闘機飛行、北朝鮮ミサイル
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours