「フェムテックは日本の国家的要求」

Estimated read time 1 min read

日本での販売と投資の機会を専門とするイスラエルのビジネスコンサルティング会社であるNetwork in Motionの共同創設者であり、CEOのIra Prigatによると、イスラエルのFemTechの将来は東にいる可能性があります。 「日本のFemtech市場は毎年年間50億ドルの売上を上げており、6,500万人の女性を収容する必要があります。 これはクレイジーな市場です。」

「最も需要が高い分野は、イスラエルがすでに経験した分野です。 私たちは、多産、出産、月経の健康、更年期などをしてきました。 日本では毎年450,000件のIVF施術が行われています。 アメリカには人口が日本の2倍の30万人に過ぎません。

1 ギャラリーを見る

イラ・フリーガド/オラ・ペレッド

アイラ・フリーガット。

クレジット:礼儀)

人口の30%が65歳以上で世界最高齢人口を保有している現代日本の人口統計学的問題は、急速に高齢化する労働力、急落する出産率により国家経済と医療システムにますます負担をかけています。 人口の出産率、そしてそれによって女性の健康は最大の国家的危機になりました。 PrigatはCTechに「健康技術、特にFemTechは日本で国家的に必要な分野です」と述べた。 「これは女性の健康と出産に関する解決策のための政府プログラムと資金調達に反映されています。 出産率を高め、全体的な女性の健康問題を解決するための国家計画があります。

日本の人口危機は数十年間続いており、女性の労働参加を大きく増やそうとする国家的努力が大きな成功を収めた中で、1990年代の経済低迷期以降急激に増加しました。 しかし、女性には職業的、経済的独立性がより多く与えられていますが、子供を産むと仕事をやめると予想されます。 非常に伝統的な社会では、日本の女性は子育てをすべて責任がなければならず、単独所得者である男性には何の負担も与えません。

「最近、何十年もの間、職業と家族のうちの1つを選ぶ必要がある日本の女性に大きなジレンマがありました」とPrigatは言います。 その結果、日本の女性の間で結婚と出産を拒否したり、後で子供を持つことを待つ傾向が増加し、出産率が低くなり、難妊治療オプションの需要が高まりました。

これはすぐに消える問題ではないとPrigatは言います。 Prigatは西洋とは異なり、日本は「10年先の計画を立てます。 日本のパートナーと協力すれば、安定的で長期的な収益が期待されます。」

イスラエルの技術企業は歴史的に米国や欧州市場への参入に注力してきましたが、日本が提供する機会に対する認識が高まっています。 「これは世界で3番目に大きな経済規模です。 GDPは4兆5千億ドルで、人口は1億2千5百万人です。 東京地域(関東)はG7国家であるイタリア経済全体の価値があります。 大阪地域はスイス経済全体と同じです。」とPrigatは言います。 Prigatは、イスラエル市場は「多様化」し、米国にあまり焦点を当てるべきではないと述べています。

「アメリカ市場ははるかに大きく、言語や文化的障壁は少ないですが、競争が激しくて近づくには多くのお金が必要です。 世界がこの市場に参入しようとしています。 中国も同じだ。 今日、ヨーロッパは以前と同じように統合されていないため、各市場に独立してアクセスする必要があることがよくあります。

対照的に、日本は新しい市場に焦点を当てるとき、特にFemTechのように国家指針があるときに全国的に動きます。 さらに、日本はアラブ諸国を含む他のアジア諸国への主要な関門として機能します。

過去数年間で、イスラエルへの日本の投資は、投資全体の10%以上を占めるほど、イスラエルのハイテク産業の安定した構成要素となりました。 しかし、Prigatは、イスラエルの技術に対する日本の関心は投資に限定されないと述べています。 「日本企業は技術を確保したいと思います。 日本に配布できます。 彼らはまた、会社を購入し、M&A全体を進めたり、日本のニーズに合った製品を作るために、マイルストーンに従って投資することに興味があります。

そして、グローバル技術の低迷、昨年の政府の司法改編、続く戦争のためにイスラエルの技術が停滞し、外国人投資が減少した期間中、Prigatは、イスラエルに対する日本の関心がまだ残っていると述べています。 「日本人はイスラエルに非常に興味があります。 彼らはどのようにして700万人がそんなに多くの騒音を生み出し、ここでそのような多くの技術が出てくるのか理解していません。

今年のイスラエル技術に対する日本の投資は減少したが、これは戦争と前年の政治的不安のために停滞した全体的な外国人投資の場合である。 むしろ、フリーガットは、ハマスに対するイスラエルの戦争がはるかに政治化されている米国とヨーロッパよりも、戦争がイスラエル市場に対する日本の関心に影響を与えなかったと述べています。 「結果的に、今は企業が日本に関心を向けるのに特に良い時期です」とPrigatは言います。

READ  注目すべき日本のスタートアップ10か所
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours