理科

「フレームワーク」を利用することができない理由| ナヌヌンワリンク| ダイヤモンドオンライン

最も簡単な論理思考のチュートリアルナヌヌンワ接続 – これ以上簡単することができない “論理的思考」の講義 – “が発売されました。 この本は、難解な「考える力をつける本」に挫折したり、「論理的思考とフレームワークの使い方を身につけること」だと思っていた人のための2時間に読むことができるストーリー形式のチュートリアルです。
本連載の第4回は、著者の深澤慎太郎氏がビジネスシーンに多くの人々が抱えて「課題」について。(構成:編集部/今野亮介)

「知っているに使用することができない」問題

唐突ですが水泳の話です。

あなたは背泳ぎができますか? できる方はすばらしい。

で行うことができない方に質問です。 背泳ぎ泳ぐ方法を知っていますか?

おそらくほぼ100% “YES”と答えが返ってくるでしょう。

裏面を水中に向かって水に浮くながら足は、いわゆるバタ足をして腕はクロールと逆回転運動をして泳ぐ。 これ背泳ぎです。

私が言いたいのは、背泳ぎ “泳ぐ”知っているが、実際に泳ぐことができないか、水泳を嫌いだ。そんなこと当たり前ように起こるということです。

これと非常に似た構造をしているビジネス上の問題があります。考えを上手な人やコンサルタントが使用する、いわゆる「フレームワーク」とのこと。 その名は知っているが、多くの人が実際に使用することができない課題です。

「論理ツリーもちろん知っている」
「SWOT分析?ああ、なんかマーケティングセミナーを聞いたある “
「ピラミッド構造?会社の研修で聞いね」

このように、論理的思考と戦略の話は文字とカタカナで表現されているフレームワークと呼ばれるものが多数登場します。 フレームワークは、フレームワークのこと。 何かを考える上において、「この枠組みで考えて果物が持つことができます “とコンサルタントが推薦して来る、それです。

私は疑問でした。 なぜこのような教えをすると思います。

なぜならフレームワークは、誰の「考えた方法」に付録として名前をクリックして、「それをそのまま出なさい」と教えていますが、だからです。

スープパスタはどのように食べるといいのか?

「こういうときは、SWOT分析をしてください」
「このような場面では、ピラミッド構造を作成してください」

これらの教えをする学んだ人に何が起こるか?

「だからそうな場面ではどのようなフレームワークを使用すればよいか教えてください」

と考えるようになるのです。 ツールの使い方しか教えられなかった人間は、ツールがなければ何もできません。 これは、教育的な観点から見れば、非常に恐ろしいことです。

例えば、親が子供に「カレーはスプーンで食べなさい」「サラダフォークで食べるよ」と教えています。 これにより、この子は人生で初めてスープパスタを目の前にした時、「これはどのように食べると正解?」と尋ねるかもしれません。 私はこれを非常に恐ろしいことだと思います。

なぜなら、この子は先に見たことのない食べ物に出会った時、毎回必ず「これはどのように食べるか正解を教えろ。教えてくれないと、この料理を食べることができないだろか」は、人間になるからである。

「そんなことは自分で考えろ」「いや、極端だろう。そんな少し考えれば分かることができる」ことです。 しかしそれと同じものが、大人の世界では、「フレームワークだけを覚えて」という結果に起こっているのです。

スプーンとはどのような機能があるのか​​。 フォークにどのように役立つかどうかを。 それ頭と体が覚えていた場合、この問題は解決されます。 というか、このような問題は最初から存在していません。

行為を身に覚えているか

フレームワークの話に戻ります。

「論理ツリー」という言葉は、知っているが、肝心の使用する場合に、それが使用していません。そのような人がいる場合は、その理由は一つ。「知識」として知られているだけで、「活動」を身に覚えていないので、です。

は、その行為は何であるか前の記事で伝えたように、“分割”“接続”2つです。

事実コンサルタントが提唱しているが、フレームワークは、すべての「分ける」と「接続」のいずれかまたは組み合わせで構成されています。

分かりやすい例として、「SWOT分析」を聞いてみましょう。 環境を内部と外部の2つに分かれ、正と負の両方のに場合分けて2×2 = 4分割することができます。 まさに「分ける」に相違ありません。 SWOT分析は、「ただ分けただけ」と言うことができます。

一般的な「SWOT分析」の説明で使用される図。 2回「分ける」をしている。 だけ。

次は、誰もがよく知っている「三段論法」

A:数学者は人間である。
B:人間はいつか死ぬ。

AとBの事実があれば、私たちはそれを介して新たな事実を切ります。

C:数学者はいつか死ぬ。

このA、B、Cを矢印(→)を使用して表現するとこうなります。

A:数学→人間
B:人間→いつか死ぬ

↓(のため)

数学→人間→いつか死ぬ

↓(つまり)

C数学→いつか死ぬ

三段論法は、矢印(→)で「接続」に相違ありません。

このように先人が命名してくれたフレームワークと思考法とは「分ける」と「接続」という行為を付録として命名したものです。

そうフレームワークと呼ばれるもの、例えば、「論理ツリー」「ピラミッド構造」「意思決定マトリックス」「演繹推論 “などもすべて「分ける」と「接続」で構成されています。詳しく知りたい方は、ナヌヌンワ接続– これ以上簡単な論理的思考のレッスン」で確認していただければ幸いです。

“名前”の代わりに “活動”を調べてみよう。

「名前を知っていても、実際にはよく知っていないし、いざその場面で使用することができない」という現象は、私の勝手な妄想がありません。 多くのビジネス教育と上位の教育研修、学生の授業現場などで私が経験した事実です。

なぜこのような症状が存在するか? それは、「行為を教えてから」と要約することができます。

例えば、SDGsという言葉があります。 「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略です。 この名前をご存知の方は、たくさんあるでしょう。 しかし、その内容をご存知の方は、どのようになります。 そして、これはどのような活動(すなわち行為)を指しているか、どのように多くの人が理解しているのでしょうか?

「名前」を知っているより、「行為」を知ることになる。 可能であれば「身体」へ。

本連載では、以下の最終回です。 以下は、「分ける」と「接続」事業に限られた話なのかという話をします。 結論から申し上げますと、「いいえ」です。

READ  建設現場用「アバターシステム」の共同開発を開始 - 建設現場のテレワークの実現 - | 芝浦工業大学

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close