「フロッピーディスク戦争で勝利!」 日本、アナログ技術段階的廃止努力に勝利宣言

1 min read

東京:日本政府は全盛期を享受したフロッピーディスクの使用を20年ぶりについにすべてのシステムで中断しました。 これは、官僚制を近代化するキャンペーンで長い間待ってきたマイルストーンです。

先月中旬までに、デジタル機関は、車両のリサイクルに関する1つの環境上の制限を除いて、1,034の規制をすべて廃止しました。

「私たちは6月28日フロッピーディスク戦争で勝利しました!」 政府からファックス機やその他のアナログ技術を取り除くと公に主張してきたデジタル長官太郎コノが語った。 ロイター 水曜日に発表した声明から。

デジタル機関は2021年にコロナ19ファンデミックの間に設立されました。 当時、全国的な検査とワクチン接種を急いで行っていた中、政府が依然として書類の作成と昔ながらの技術に依存しているという事実が明らかになりました。

Xで250万人のフォロワーを保有したカリスマあふれる人物である河野は、以前は国防部、外務省、コロナワクチンの配置を総括し、2022年8月に首相挑戦に失敗した後、現在の役職を務めました。

しかし、日本のデジタル化の努力は、多くの難関にぶつかった。 接触追跡アプリはファンデミック中に失敗し、政府のマイナンバーデジタルIDの採用は、繰り返しのデータエラーのため予想より遅かった。

公開済み 03 7月 2024, 07:23 インド標準時

READ  日本は毎日コロナ死亡者を記録したが、新しい感染は遅い。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours