経済

「プッシュ株式」韓国BTS週4日半額に100万円が50万円になっても、「投資と愛」は両立するか(山崎俊輔) – 個人 – Yahoo!ニュース

「プッシュ株式」上場すぐ大きく下落5日半額

10月15日、韓国の株式市場では、今年最大規模の新規上場がありました。 米国の音楽チャートなどを席巻しているBTSを保有している大ヒットエンターテイメント(以下BHE社)が株式を公開したものです。 いわゆる「BTS週間」です。

BTSは国内でも熱狂的なファンが多いことでも知られており、初日の最高値は一気に上昇、公募価格の13.5万円から260%アップ最高値は35.1万に達した。 縁起の良い、良い出足とマーケットや個人も大きな期待を抱くようにした。

ところが、ここでは、下落が続いてなんと5日から、ほぼ半額にされてしまいます。 21日には17.9万円を記録したほどです。 いわば最高値の100万円で購入した株式は週もなく50万円の株価がされたようだ。

いよいよその翌日下げ止まりを見せたが、ほとんど横ばい株価があります。

(本記事掲載の直前23日の終値は17.25万であるため、さらに下落したします)

上場初日元気が湧いて購入した個人(特にBTSファン層)は、大きな評価損を抱えてしまうことになりました。

ニュースリンク

上場初日の高騰現代のビジネス「BTS州」に人生をかけた韓国の若者たちは、一日に地獄に落ちた 

下落10/21朝日ニュースBTS所属事務所の株価上場1主ピークの半分 

下げ止まり10/22ソウル聯合ニュースBTS事務所の株価上場後6営業日ぶりに反発 

今後の株価の推移は分からないが、このニュース、「推しの主」は、使徒いいのか、「投資と愛」は両立できるかどうかは、同じトピックが含まれており、日本の個人投資家にも示唆があると思います。

今回の事件を確認しながら、個人が企業に注入しまうリスクと投資の注意事項をまとめてみましょう。

新規上場株式の価格変動は荒く素人にはお勧めできません。

今回最も被害が大きいのは、「新規上場株式を抽選で手に入れた人」ではなく「上場初日ただし欲しく最高値に買い注文を入れてしまった人“です。

IPO新規上場株の人気が殺到する抽選になる可能性があります。 また、公募価格より公開日始まりの方が大きく上昇するのが一般的です。 今回も公募価格で取得することができ、そのまままだ売っていない人であれば、一度プラスを維持してはいます。

一方、新規上場企業はまだ実績が伴わず、今後の成長に期待していた株価が付きますので、極めて不安定な価格変動します。 ジェットコースターのように急上昇した後、急に下落し、元の価格に戻るためには、何年もかかることがあり一般的なことです。

買いたい人が殺到する専門機関投資家は、近道しばしばアヒルます。 今回も大量の売り注文が出ていた報道もあります。 次に、ファン心理に振りかけなってしまったのです。

正直して上場すぐ株式個人投資家、特に投資経験のない素人が手を出すには、あまりお勧めできるものではないです。 むしろ「愛は盲目」ということです。

「プッシュ」だから株式を購入してサポートしているのはアリカ

しかし、 “株価が下落しても愛があるから売らない!」と決めている人がいるかもしれません。 「プッシュ株式」だから損害も良いし、考えていることです。 これはいかがでしょうか。

一時日本国内でも個人の魅力に資金を集めて事業はせずにお金を逃げされる事件がありました(テックシアジャパン事件など)。 これに比べて適切に株式市場に上場された企業の株主としての権利は明確であるため、資産が休止が全額戻ってこないのはありません。 事業がうまく成長すると、今後の株価が戻ってくる可能性もあります。

9/30 Yahoo! ニュース「KING」と呼ばれた男… 460億円集めたされる「テックシアジャパン」元実質経営者の裁判再開

また、株主はどの「株主優待」が提供されることがもあります。韓国株式市場について私の詳細が、日本ではアミューズとエイベックスが株主総会で所属ミュージシャンのライブを行うことが知られている(2020年の株主総会は、両社ともライブをせずに。2021年には、未定)。

商品を株主に配布したり、コンサートの抽選に参加する権利を付与することなどもあります。 このような「価値」がある株価が落ちても、投資家の心の穴を埋めてくれると思いもできずはありません。

確かに「商品とCD爆買意思」のようなことをしてもお金は完全に消えるだけだが、株主としての権利を持って継続しながらいくつかの経済的利益を得て、いつかは株価が回復するまで待つことができる場合、「プッシュ株式の投資になることがています。

しかし「投資」は、資産形成の手段であって、「トリビュート」となっては奇妙ではないか自問自答してはならと思います。

「プッシュ投資」は「冷たい愛」が必要である

上記のリンクの記事でファンが上昇期待で株式を買った下落してパニックしている例が紹介されています。

借金を会社の株式を購入した悲劇(どうか半額と、返済するどころではない)と結婚資金などの本来投入してはならない資金で会社の株式を購入した場合もあるようです。

これについては、「借金投資はしない(特に初心者)「原則を再在庫事例とすることができます。

そして「愛」への投資をすることがいかに危険かを再度確認させてくれます。むしろ、投資においては、それが「プッシュ」でも「冷たい愛」への投資をしなければならいけないです。

日本の民間企業でも、「株主優待が好きなので」と、「この企業のファンである」との株式を継続することができます。上昇している状態であればいいのですが、大きな損害している状態の言い訳に「愛」を持つことは、重要です。

極端な話、「私にもかかわらず、株式を買わなくても、会社が滅びるわけではない」という程度の乾燥が必要です。 音源の購入やライブ、商品の購入を停止すると、あなたの会社をサポートしているのだから。

……今は幸いなことにジャニーズとAKBの事務所は上場を考えていないこと(おそらく上場の必要性がないのである)。

しかし、そのようなことがあったときは、「先送り・愛」と「投資」を区別することができますか?少し考えてみればいかがでしょうか。

READ  東芝、量子暗号通信事業化に「解読されていない」暗号化技術とは| IT・インターネット

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close