エンターテインメント

「ホーム」映画は、アジアの女性が耐えた人種差別、性差別

アーティスト竹中恭子は、映画「ホーム」のために、バーで見知らぬ人の人種差別と性差別的コメントを録音しました。

「東洋」、「アジア的」、「優れた美しさ “、”静か “、”無表情 ” バーで見知らぬ人が第2世代日系アメリカ人映画監督竹中恭子と呼んだものの一部に過ぎません。

演技者であり創作者でありアーティストであるTakenakaは人種差別主義者が7年の間に実際に録音した内容を録音しました。

竹中は、「ほとんどのアジア系アメリカ人の女性がその経験と共感することができていると思うし、私の考えでアジア系アメリカ人の女性たちに一生の間に起こったことだと思っている記録のいずれかまたは全てではないことを知っています。」と言いました。

Takenakaは、これらの会話を録音することが、彼らが経験した怒りと微細な攻撃を生産的に使用する方法と言いました。

「ホーム」という強力な10分の映画を通じて竹中恭子は、常に「他人」を感じるアジア系アメリカ人からアジアの女性のためのハリウッドの歴史的、文化的対象化に至るまでの複雑な問題を扱っています。

特にバーのシーンは、多くのアジアの女性に、痛みを伴うほど日常的な人種差別と性差別的な出会いを明らかにする。 記録された取引所は、Instagramでのみ300,000回以上再生された。

目を開いて鮮やかな対話は、アジアの女性は、しばしばグァソン愛花さフェティッシュ方法を直接示しています。

関連:COVID半のアジア嫌いの間に関連性はありますか?

一日が終わると、これらすべての経験は、アジア系アメリカ人に同意しない。 録音は自分自身のためのスペースと瞬間を主張することができる方法の一つであり、そのトラウマを扱う過程であったが、いつの日かは、他の人が同じような経験を説明するために役立つことがあることを知っていました。 録音は、私がすることができる唯一の方法です。 」とTakenakaが言いました。

「ホーム」は、現在、多くのアジア系アメリカ人にインスピレーションの源です。 竹中は、3年前に映画を作成するときに予想していなかったことです。

最近の不安と反アジア憎悪犯罪の増加により、彼らはこの映画を公然と共有しました。

自分の経験を説明し、その期間中に検証を受けなければならアジア系アメリカ人の労働負担を軽減するために、私の芸術にすることができることがあれば、その映画が有用であるが望んその映画が便利した可能性があることを知っています。 その瞬間、「Takenakaは言った。

関連:人種差別的攻撃がアジア系アメリカ人研究プログラムの需要を復活させます。

彼らは芸術を通してアジア系アメリカ人コミュニティのために継続して集結する予定です。 Takenakaは非バイナリで識別しますが、アジア系アメリカ人の女性が、社会が彼らのために描いた線から解放されることを希望します。

「私のためのアジア系アメリカ人の女性の目標は、箱に閉じ込められず、それがどのように見える、どんな感じなのか、それが何なのか、どのようなものになることができるかの1つの定義に固定観念を持たないだろうと思います。 「人間」を意味する「アジア系アメリカ人の女性」が本当に気に入っています」とTakenakaが言いました。

READ  SKIET株は2倍のIPO価格で開場後デビュー26%下落

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close