トップニュース

「ポートナイト」エピクガIT業界の巨人・アップルに「勝つ」と言う二つの事情(1/2) | AERA dot(アエラ点)

米アップルの世界的な人気のあるゲームポートナイトエピクガ鋭く対立している。 AppleのAppプロバイダーに課せ売上の30%は手数料率が高すぎるとエピックより比率が低いゲームストアを展開したものである。 アップルの「支配からの解放」を叫ぶエピックは、次世代の支配者になる実力を隠す。両者の対立を背景に今回、AERA 2020年9月28日号の記事を紹介する。

[그림보기]Appleとエピック対立構図は?

* * *
エピクガここまで正面にアップルに対抗することができる背景には大きく二つの事情があるようだ。 ゲームを中心に応用産業全体KADOKAWAの浜村光一首席顧問は「クラウド技術の進歩にどれプラットフォーマーができるようになった」ことを強調している。

一度ゲームプラットフォームは、ゲーム機本体のだった。 80年代のラインに対抗するためにハドソンがNECと協力して「PCエンジン」を開発したように、自己負担のソフトウェアを自由に販売するためには、まず自己負担のハードを開始しなければならいた。 しかし、現在ではエピックが「ストア」を開始したように、比較的簡単にオンラインゲームを提供することができる。

他の一つは、エピックの独創性と技術力である。

ポートナイトは、複数の人が交戦1人の生存バトルロイヤル形式が基本シューティングゲームだが、大きな特徴は、ゲーム内での戦闘で自分自身を保護するために、すべてのものを造ることができる自由度の高さにある。 これにより、会場をゲーム内に構築した後、米津玄師さんなど有名ミュージシャンがライブを開くことができました。 企業では、ゲーム内広告にも注目が集まってシューティングゲームという枠を越えて、仮想空間「メタバース」が形成されるようになっている。

■ゲーム以外にも必須

ポートナイトが単純なゲームではなく、世界中の人々が行き来する仮想空間これは、基本使用料が無料であるうえ、利用者が、会社のゲーム機やスマートフォンで同じ世界に同時接続できる「クロスプラットフォーム」という構造のおかげである。いくつかの種類の家庭用ゲーム機で同じゲームが発売されるのは、これまでにもあったが、あくまでそのゲーム機を使用するプレーヤー同士のオンラインで対戦するだけだった。



READ  [독점]伊藤健太郎氏「事故の瞬間の映像」(2020年10月29日) - YouTube

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close