Tech

「マインクラフト」クリエイターNotch氏フォロワー360万人のTwitterアカウントを突然削除。 「政治ツイート停止 “の最後に| AUTOMATON

「マインクラフト」生みの親であるNotchことMarkus Alexej Persson氏が突然Twitterのアカウントを削除したとして話題を呼んでいる。 Notch氏はMojangを置いてもなお、「マインクラフト」を扱った人物に影響力を持っており、抱えてフォロワー数は360万人に達していた。 しかし、8月29日未明に、彼はTwitterのアカウントは11年の間に蓄積してきたツイートと一緒に跡形もなく消えてしまった。 その経緯が非常に奇妙であるとして注目を集めているようだ。 削除された理由は、「お願いしたから」だという。

Notch氏は「マインクラフト」を作った、スウェーデンの創作者である。 試行錯誤を重ねながら「マインクラフト」の開発を進め、同僚と一緒にMojangを設立。 開発と改良を重ねて、この作品をメガヒット作品で育てた。 そのNotch氏は2014年9月には、Mojangと「マインクラフト」のIPアドレスを25億ドル(2750億円)で、マイクロソフトに売却。 開発と運用の公式に退いてTwitterで隠居生活を送っていた。

きっかけとなったのは、YouTubeチャンネルゲームメーカーのツールキット有料化レポートである。 ゲーム記者Mark Brown氏のチャンネルGame Maker」s Toolkitは、ゲーム業界で非常に高い人気を誇っている。 分野は、ゲームデザインと構造の説明である。 ゲームの構造と経緯を呼んで分かりやすく言語化することで定評がある。 現状と事例を扱うながら事実を整理して論理的に話を組み立て結論を出していく。 丁寧で学んでいるチャネルとして存在感を放っている。

※Game Maker」s Toolkit英語の音声チャンネルであるが、日本語字幕をサポートしている動画も多い。 その分野に興味がある場合視聴するのもいいだろう。

彼は視聴者の体験も重要視しており、93万人の加入者を抱えながらも、今まで自分の動画を収益化してこなかった。 しかし、今になって試験的に動画の広告導入を開始したと発表した。 しかし、それを気に入らなかった人物になったようだ。 それNotch氏である。 厳密に言えば、広告の導入を開始したときに添え「政治発信」が気に入らなかったようだ。

Game Maker」s Toolkitは、試験的に広告を導入して、現在の収入に加えて、また、1000ポンド(14万円)を取得したという。 Brown氏は、フリーランスのライターとして、様々な媒体に寄稿したり、Patreonで月に1万1000ドル(約112万円)程度の支援を受けているか、と決定された収入がある。 さらに、動画広告収入をもたらすだろう。

しかし、ためらいもあるようで、Brown氏は、動画を収益化して、1000ポンドを得ることはできクールとし、ユーザーの利便性を悪化させるに十分な理由がないとこぼしていた。 そこに現れたのがNotch氏。 収益レポートのツイートに対してなぜ突然「政治発信を停止する」と述べた。

Brown氏は、この要求に対して、「君がTwitterのアカウントを削除した場合やめてあげる」と応戦比較的お願い。 するとNotch氏はなんとこの提案を受諾したものである。 「取引成立。実際にやめないでくれ?」と聞くと、Brown氏は「もちろん」と答えてください。 その後、Notch氏のTwitterアカウントは本当に消えてしまったのだ。

一方、Brown氏の動画収益について「政治発信をやめて」と絡み合ったNotch氏の言動の意図は謎いる。 事実Brown氏は、ユーザーの経験を悪化させる広告の一つ「トランプの再選動画広告」を上げた。 米国の大統領ドナルド・トランプは、現在の大統領選に挑戦している。 再選を目指し、様々な場所で露出を図っている。 その露出の場所にはYouTubeも含まれているものである。

Brown氏は、トランプの再選広告動画Game Maker」s Toolkitを視聴するユーザーの経験を悪くする広告の例として挙げたわけだ。 このカードの嫌悪の表現をNotch氏が「政治ダイヤル」とみなした可能性が高い。 また、Game Maker」s Toolkitは、ゲームのチャンネルでありながら、時々政治を持ち込んでいたが、このようBrown氏が政治発信をしたものでNotch氏が不満を持ったではないかと推測するツイートも伝えられている
【アップデート2020/08/29 11:30】
上記段落の推測ツイート文を修正

いずれにせよ、Brown氏の政治発信はやめさせるために、Notch氏は「Twitterのアカウントを削除する」を断行した。 彼は削除直前に「notch.net “されているドメインを一度取得した更新せずに、ご連絡はとって困難になるとと文句ながらフォロワーに「I love you」と言いながらSNS系で姿を消した。 Brown氏も一連の事件を「奇妙なことだ」と回顧した。

Notch氏といえば、才能のあるクリエイターとしての名前を馳せたのに対しSNS上などでの問題発言が多くの人物として知られている。 性差別や人種差別も奪わことも発言をTwitterで繰り返してきた。 これらの行動は、マイクロソフトも問題視して「マインクラフト’10周年イベントは呼ばれなかった。 創作者でありながら、イベント呼び出されていない理由について、マイクロソフトの広報は、その言動が原因であり、コメント。 彼のコメントやご意見は、MicrosoftとMojangの思想を反映するものではなく、「マインクラフト」を表現するものではない言及した(種類)。 人種、性指向など、人々のアイデンティティと関連する部分で何度も手がつけられ言動てきたNotch氏は、自分が産んだゲームの譲渡今後疎外されているのだ。

Notch氏はとんでもない行動をするのも特徴。 極端な行動を好むしており、特定の思想や持論を着実に説得より方言である。 同時にマンションでファンとの交流を好むなど寂しがりな一面も。 気まぐれ情緒不安定な言動が目立った。 このような背景を考慮すると、唐突なTwitterのアカウントの削除は、ある意味では、彼は同じ行動とも言えるかもしれない。

Twitterのアカウントを削除した後、30日以内に復活させることができます。 完全に彼がSNSを去った、まだ断言できない。 しかし、Notch氏の下で落ちた「マインクラフト」は、成長を続けており、ゲームの開始テキストで「Made by Notch! ” 「The Work of Notch! “というフレーズが消えるなど、徐々にゲームでも存在が消え始めている。 徐々に「マインクラフト」の製作者でも忘れられているNotch氏はTwitterでも変わっていく消えるだろうか。


READ  突然発表された廉価版モデル「Xbox Series S」のスペックをXbox Series Xと比較一体どちらが事故か?

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close