entertainment

「マッドマックス怒りのデスロード」は何すごい? 映画の醍醐味がここにある| Real Sound | リアルサウンド映画部

核戦争で破壊された未来。 外史グレー風来坊マックス(トム・ハーディ)は暴君叔母弾条(ヒューキス回)の軍団特捕まってしまう。 このまま死ぬだろうと思ったが、条反旗を翻した転写後のリオ社(シャーリーズ・セロン)と協力して安住の地を見つけて脱出するために。 当然ジョーしんもなく、そして残りは……ひたすら追求追求追求。 果たして対決行方は?

めでたく地上波放送を決定した」マッドマックス怒りのデスロード」(2015年)であるが、簡単な話である。あまりにもシンプルで、「通常は?」と思うかもしれない。しかし、この作品は、確かに、2010年代を代表するアクション映画である。とにかくすごくお勧めしたい。しかし、すごいポイントがたくさんありますが、一つ一つ観察していくと終わりがなく、人によって全く異なるものである。話を始めると終わりがなく、それもこれもこのされてしまう。このようなブルー​​ハートの状態は本殿もないので、一度、今回の記事では、私は考えて “”マッドマックス怒りのデスロード」と、最終的に何がすごいの?」という質問への回答を書きたいと思い。それは少しでも本作の注目に接続されると、幸いである。

「この映画何がそんなにすごいのか?」そう聞こえたら、私は「晴れ」と答えるだろう。 は「具体的にどこが晴れか?」と尋ねたら……これも大量であるため、今回は、特に好きな2点に絞って使いたい。

まず1点目は脚本だ。 逃げながら戦う話をこれだけ絞る晴れだ。 また、世界観や固有名詞設定の説明などいくらでも言えるが、あえて言わない部分が非常に多いのもすごい。 たとえば叔母弾組軍団」ウォーボーイズ」は、味方のテンションを上げるために爆音で火を噴くギターを演奏ヅフ戦士というキャラクターがいる。 それに対して、「味方を奨励するためにギターを演奏寄せている」は、明確な説明はない。 もちろん、彼の周りには太鼓を叩いている人たちもいるので、観客はなぜか「盛り上げ要員だ」と理解することができますが、それでも通常の映画であれば、一言くらい自分の役割を説明するセリフ、例えば出撃前に「景気づけにありがとうございます! “のようなセリフが入っているのだ。 そっちの方が親切かもしれないがそうしないのが「デスロード」である。 なぜならなく伝わるものであり、ない人が最初に見たときびっくりしないのが「ヅフ戦士がギターを演奏まくりウォー少年に当然、すなわち日常だ」感じが強いですが、何よりもそのようなセリフはないが近似である。 そのほかにも、「なぜ死ぬ前に口の周りに銀スプレー?」といきなりボールと混乱することも部分が多くありますが、彼らにあえて説明をしていない。このような「晴れ」が私の中で「第1晴れポイント」である。

そして二つ目は違った表現が、「デスロード」が「マッドマックス」で逃げないのだ。むしろ逃げない上、すでに金字塔的に存在していた「マッドマックス」の概念を新たにしてしまったのだ。「マッドマックス2」( 1981年)は、名作の宿命でカラッカラになるまで絞られた。核戦争で破壊された未来を舞台に「ヒャハ!」と叫びながら襲ってくるモヒカンたち。世界的にこの世界観は便利まくりし、今でも「ポストアポカリプス」 = “終末世界のもの」の整形されている。一般的なものであるともメジャーが過ぎて、パロディの対象になるほどだ。言い訳できないほど「マッドマックス2」の「北斗の拳」で良質のギャグマンガ系のスピンオフが出ていることからも分かるだろう。 極端ですが、「「マッドマックス」であること」は、ギャグや香水の対象であり、「見たことのない新しいもの」ではなくなった(「デスロード」の公開まで)。 しかし、本作はセルフパロディと香水を招待作品ではなく、あくまで最新のアクション映画で勝負している。 この晴れも非常によい。 モヒカンとレザーヒャハしていた人々は、半裸の白塗料、また全身のお肌に傷の形を描いたりと狂気程度がパワーアップしました。 当然作業も大変である。 全編に渡って暴走するカーチェイスはもちろん、曲がるポールを利用した曲芸、銃撃戦、そしてダイナミックすぎる爆発。 アクション映画を聞いて思い出すの要素が非常に高いレベルで揃っている。 位置関係に混乱しまうような状況をスムーズに見せてしまうの撮影と編集も凄い。 「「マッドマックス」シリーズの続編」ということを無視して団体のアクション映画に取っても本作は、突出したものがある。ギャグも逃げずに正面から最新のアクション映画で勝負する。これが第2の透明なポイントだ。

READ  Perfume「うちらの縁は、このようなものではない」 - 音楽:日刊スポーツ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close