スポーツ

「ルノーは、私たちと別れた後に素晴らしいことだ」とレッドブルホーナー代表 – TopNews

NEXT … F1開催日程

2020年10月8日(木)11:33

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーが2022年に再びルノーエンジンパートナーとして迎える可能性が高いと示唆した。

ホンダが2021年のシーズンを最後にF1活動から手を引くことされて、現在ホンダのエンジン供給を受けているレッドブルとジュニアチームであるアルファ乗っ我々は2022年のシーズン新しいエンジンパートナーを見つけるに直面している。

2021年までにホンダエンジンで戦うことができる場合でも、2022年型F1マシンを設計する上でいくつかのメーカーのエンジンを搭載することになるのかをすぐに決定する必要が、それに向けてレッドブルが既に準備を始めていることは間違いないだろう。

しかしながら、レッドブルがメルセデスとフェラーリでエンジンの供給を受ける可能性はほとんどないだろう。 現時点で唯一の現実的な選択肢は、2018年までに、長年にわたってエンジン供給を受けたルノーと再び手を握るだろう。

ホーナー、オーストリアの「Servus TV(歳児ブースTV)」には、次のように述べルノーと再びタッグを組む可能性を示唆している。

「私たちと別れた後、ルノーは変わったよ」

「新しいCEOが、新鮮な息と変化をもたらしたと思います。彼らは前進している」

一方、フォルクスワーゲン傘下のポルシェエンジンサプライヤーとしてF1に参加することを考慮しているという噂が以前から囁かれているが、それが実現して牛の新しいジョブエンジンサプライヤーになる可能性もあるではないかと考えている人もあるようだ。

しかしホーナー、それ早く2026年までには実現されないだろうと、次のように語った。

「現在の規制の下で新たな企業が参入しようとする初期費用が非常に膨大なものになってしまう」

「だから、新しいエンジンになるまで、多分2026年だろうが、新しい企業が参加することはないだろう」

「FIA(F1統括団体の国際自動車連盟)とリバティメディア(F1所有者)は、それをよく対応していなければならない。彼らはシャシーに関しては良い仕事をしたが、今、私たちは、承認されたエンジンとパワーユニットも予算総額(予算)を用意することが必要」

「Servus TV(歳児ブースTV)」とのインタビューのために、オーストリアを訪問したホーナーだが、実はチームの所有者のディートリッヒマテシトチュ(レッドブル社の最高責任者)とヘルムート・マルコ(レッドブル/モータースポーツアドバイザー)との対話をするためだったではないかという噂も囁かれている。

その噂によればレッドブル経営陣は、現在のホンダは、英国ミルトンキーンズに置いているF1のエンジン工場の知的財産権を買い取り、そのエンジンの名前を新しいものに変えることを検討しているわけではないと思っているようだ。

参考までに、ホンダのF1エンジンの開発拠点はかつてF1エンジンサプライヤーとして活躍していたこともある無限の子会社「MUGEN EURO」の施設を出た形で運営されている。

いずれにせよ、ホーナー2022年から搭載するエンジンに関しては、年内に確実にしておく必要があるとしている。

「今年が終わるまで明確にする必要がある」

「当然、さまざまな選択を残している。私たちにとって重要なのは、今後数年の間にメルセデスに挑戦最大限のパワーを手に入れるか」

そう言ったホーナーは、次のように付け加えた。

「もちろん、どのようにするかの最終決定は、マテシトチュ氏だよ」



前後の記事

[혼다 F1]田辺TD、ホンダF1プロジェクト終了 “本当に残念」


「レッドブルがF1での最後の考えている」とラルフ・シューマッハ














READ  LGBTグループは、東京オリンピックの前に、日本で平等法がほしいと思う| バッファロースポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close