エンターテインメント

「不法Tシャツ “逮捕” 5等分花嫁」不法商品男2人…原作者は、すぐに材料イラスト:J-CASTニュース[전체보기]

2020年10月20日人気漫画・アニメ「オー等分の花嫁」の無断商品を販売目的で所持していた男性2人が逮捕されたことを受け、講談社が21日、声明を発表した。

  • 講談社のプレスリリースより

  • 講談社のプレスリリースより

市場に蔓延違法商品

講談社広報室は「「5等分花嫁」不法Tシャツ所持摘発のお知らせ」のタイトルで、

「10月20日、権利者に許可されていない製造された「5等分の花嫁」のTシャツの数点を販売目的で所持していたため、著作権侵害の疑いで島根県隠岐郡の会社員(41歳)と山梨県南アルプス市の自営業者(38歳)の2人が山口県警察に逮捕されました。
2人は「5等分の花嫁」などのアニメキャラクターを無断でコピーしたTシャツの合計50枚を所持していました。
著作権を侵害する行為は違法電子書籍海賊版サイト以外にも、様々な分野に渡っています。 今回のように、著作権者の許諾を受けずにTシャツなどの商品を製造・販売することも漫画家たちの創作活動の価値をないがしろにした非常に悪質なものです。 “

文を公開した。

これにより、「5等分の花嫁」公式Twitterのアカウントも

「著作者または正規の購入したファンの方々の利益を守るため、また、著作権を侵害する行為の拡大と拡散を防止するために、当社は、今後も刑事告訴・民事訴訟などの断固とした姿勢で臨んででまいります」

との記事となった。

ツイッターでは、「公式たい種類を販売目的で作成次に、画家わ」「よく見つけて。買った人は偽物だと気づい通報たのだろう」など、最近増加している著作権の侵害に厳密に対応する姿勢を支持する人の声が多く寄せられた。

「住む人がいない場合は作成されない」「最近アニメグッズなどの海賊版が市場にあまり出回っている状況は、目に余るものがあります」「どれが本物である偽物かわからないよう」などの不正商品が市場に蔓延しているというファンも少なくない。

また、今回の一件を受けて、「5等分の花嫁」の著者である春コスパさん(@negi_haruba)はイラストレーションのツイートを記録した。胸に「428」と書かれたTシャツを着た「5等分の花嫁」に登場するヒロインの一人「中野四つ葉の “この警察官に見える男性呼んされた空虚な目でイライラした表情を浮かべるイラストに「そのTシャツ自分で作ったの?」とコメントがついている。

今回一件を揶揄するイラストにファンたちは “波先生さすが笑い」「センスのあるブラックコメディですね!」 「著者本人が、このような材料を扱うすごく好きですw」と事件を克服楽しむ姿に好評を得ているようだ。

READ  おげんさんファミリーがついに帰ってくる! 「おげんさんと一緒に」が11月3日放送決定およびマウスのInstagramも開設| Qetic

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close