「世界で最も優れたスタートアップマインド」:JETROは日本の起業家をロサンゼルスに連れて行きます。 ビジネス

1 min read

日本貿易機関(JETRO)は、Playa Vistaスタートアップ教育会社であるLaunchStarzとLAダウンタウンのWilshire Boulevardにオフィスがある地域アクセラレータであるPlug and Playとのパートナーシップを通じて、最近Beyond Japanプログラムの一環として11の日本スタートアップをロサンゼルスで迎えました。 国の経済、貿易、産業省。 今回のイベントには10​​0人を超える人派が日本総領事を求めて集まり、そこでスタートアップらは米国投資家と起業家たちに自分たちの事業を紹介しました。

最大2ヶ月間のカスタマイズされた支援と教育を提供するBeyond Japanプログラムは、スタートアップを支援し、スタートアップ政策を経済成長戦略の中心的な柱にするための日本政府の5カ年計画の一環として始まりました。

現在、最初の会計年度であるこの計画の目標は、2027年までにスタートアップ投資を10兆円で10倍増やし、少なくとも10万個のスタートアップを創出し、価値10億ドル以上の非上場スタートアップであるユニコーン企業100社を設立することです。

5カ年計画の基本的な要素の1つは、日本の人材を開発し、彼らの成功を促進するのに役立つネットワークを作成することです。 これがソネ・ゲンコ総領事がBeyond Japanのようなプログラムを必須と説明した理由です。

彼はプレゼンテーションイベントで「私たちは日本をアジアで最高のスタートアップハブであり、起業家的革新のグローバルな震源地であり、世界で最もスマートなスタートアップ精神の安息地として位置づけることを目指しています」と明らかにし、ソニー、トヨタなどの企業を日本スタートアップの例として挙げました。 世界を変えました。 「私は今日がこの野心的な目標を達成するための非常に小さいが非常に重要な進歩であると信じています。 ロサンゼルスでは、起業家とビジョン家が革新的で多様なビジネスアイデアで生き残るだけでなく、成功しています。

今年は185社を代表する約250人の個人がLA、サンディエゴ、オースティン全域で進行されるBeyond Japanプログラムの60箇所に支援しました。

LAでは、1次選抜を通じて35社、2次選抜を通じて23企業、3次選抜以降11企業が残った。

ジェトロ・ロサンゼルスの専務取締役である杏子吉子氏は次のように述べています。滞在しています」と言いました。 。 「今年は5カ年計画の最初の年です。ここから私たちが共に共生関係を築き、日本とアメリカを結ぶ未来の人材を育成できることを心から願っています。」

ロサンゼルスでプレゼンテーションを行ったグループには、さまざまな背景とさまざまな関心を持つ起業家が含まれていました。

Ara Nakatsujiは、人々がお気に入りの映画、書籍、音楽、その他のメディアを共有し、興味を持って人々とつながるプラットフォームを提供するためにソーシャルメディアスタートアップArticsを設立しました。 彼の目標は、ファンとアーティストの間のギャップを解消し、創作者が意図した聴衆に直接アクセスできるようにすることです。

気候技術会社 Asuene の統括管理者である Tanigaki Seiichiro は、クラウドベースのプラットフォームを使用して炭素排出量を測定、報告、削減するとともに、環境、社会、ガバナンス等級、炭素排出権取引リソースを提供しています。

Miyasaka Takahiroは、ハードウェアとソフトウェアを統合し、使いやすさと柔軟性を優先するデスクレスチームのためのワンストップ音声中心のコミュニケーションソリューションとして、会社Bonxを作成しました。 日本ではBonxがGucciやIkeaなどのブランドと協力しています。

社長の早川翔後(Shogo Hayakawa)とエンジニアリング副社長のShonsuke Shoji(Shunsuke Shoji)は、会社のCoeFontを通じてAI技術を活用し、人々の声を使いやすいデジタル音声に変換します。 これらのプラットフォームには、現在オーディオブック、プロモーションコンテンツ、ストリーミング、または対面会議に使用できる10,000以上のさまざまなデジタル音声があります。

Eric Weiは、事前に録画されたビデオコンテンツやリアルタイム翻訳によるオンラインコミュニケーションを提供できるインストラクターとグローバル学習者をつなぐために、Dimesとそのプラットフォーム「timelyhero.com」を設立しました。 講師はAIチャットボットを活用して参加度と学習能力を高めることもできます。

マジックシールドのCEOである広島志村は、重要で突然の力が加わるまでしっかりと保たれ、滑らかになる機械的メタマテリアルを開発しました。 彼の会社はこの素材を床とマットに統合し、高齢者の転倒による骨折を予防するのに役立ちます。

共同創設者でありCEOである柳屋矢部とCTOであるRyosuke Muraiは、オンラインスクールプラットフォームMoshを通じて、ウェブサイトの制作、購読、ビデオ管理、顧客関係管理の分野の知識を提供します。

Koji Tsuchikuraは、運動の洞察力と向上のためのスキルを活用して、スポーツを通じて世界中の健康を改善することを目指してスポーツ技術会社Platzを設立しました。

Yuki Tabeは、ETL、ワークフロー調整、変換、データカタログ作成などのデータエンジニアリングスイートとともに、SaaSツールとして使用できる「trocco」というデータプラットフォームを提供するためにprimeNumberを設立しました。

CEOのTomofumi NakataとCOO兼CTOのTokumasa Yamashitaは、Qlay Technologiesを代表しています。 同社は、消費財企業向けに生成されたAIベースの消費者調査ツールを提供し、最新のデータと洞察を提供します。

Yasuyuki Tashibuの会社であるSoundFunは特許を取得し、「Mirai Speaker」製品に使用されている「AudibleWave」技術を専門としています。 テレビで使用されるスピーカーのデザインは、会話を理解するのが困難な視聴者のためにオーディオの鮮明さを向上させます。

Plug and PlayのMehrad Moeiniは、「現在JETROで実行されているプログラムについて、私たちは今日11社に達する前に何百もの会社をレビューしました。 「日本政府がLAでこのようなことをするために多くのお金と資金を投資する理由が理解できます。 伝統的にシリコンバレーには多くのプログラムがありますが、ここの機会は年々増えています。 … 2022年には、約140億ドル(投資増加)、229,000人以上の技術ベースの従業員、3,800社以上のベンチャー支援会社があり、これは前年比20%成長しました。

「ここで何が起こっているのかを目撃できるのは本当に素晴らしいことです。 ロサンゼルスの私たちの建物は、「住み、働いて遊ぶ」というコミュニティ意識を可能にしました。 私たちがホストする日本のスタートアップは、一緒に働き、知識を交換し、建物内の他の創業者に会うことができます。 … 彼らに互いにつながる能力を与えることは非常に特別なことだと思います。

READ  政府支援の後、2020年に日本で記録された低破産件数 - レポート
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours