技術

「世界最大の受賞風力発電団地」また一歩

ノルウェーStatkraftは火曜日に「世界最大」と呼ばれる賞洋上風力発電団地に関連する長期契約が開始されたと明らかにした。

Kincardine Offshore Windfarmは、スコットランド、アバディーンの海岸に位置する6つのタービン、50メガワットの施設です。 Statkraftが「世界最大の浮遊式風力発電団地」で描写したプロジェクトのためのタービンのインストールが最近完了しました。

Statkraftと開発会社Kincardine Offshore Windfarm Ltdとの間の電力購入契約は、2018年に署名されたが、現在発効中以前の購入は「MWhあたり最低の価格が保証された浮遊式風力発電プロジェクトのすべての電気出力を購入します。 [megawatt hour] 2029年まで」

ノルウェーの国家が所有するStatkraftによると、KOWLプロジェクトは、毎年20万メガワット時以上の電力網に送信します。 これは50,000世帯以上に電力を供給するのに十分だろうとします。

Statkraftの長期PPA生成、管理者であるJohn Puddephatは声明で「これはStatkraftが参加した最初のフローティングプロジェクトであり、我々はより多くのことを期待しています。」と言いました。

Puddephatは、この技術が「全世界の国々が、再生可能エネルギーの目標を達成するために役立つことができます。」と言いました。

CNBC Proのクリーンエネルギーについての詳細はこちら

Statkraftは浮遊式洋上風力プロジェクトに関連するいくつかの主要企業の一つです。 2017年に別のノルウェーのエネルギー企業Equinorは「最初の本格的な浮遊式洋上風力発電団地」と呼ばれる30メガワット規模の施設であるHywind Scotlandを開設しました。

今月、韓国沖に大規模な浮遊式洋上風力発電団地開発を中心とした合弁会社が正式に設立されました。

石油とガスのメジャーShellはMunmuBaramと呼ばれるJVの株式80%を保有しており、残りの20%は、CoensHexiconが保有しています。

当時声明でShellは、このプロジェクトが「妥当性評価の段階」にあると言いました。 1.4ギガワットの風力発電団地が建設される場合、韓国南東部の沿岸都市であり、産業の中心地である蔚山で65〜80km離れたところに位置します。

去る8月には、RWE RenewablesとKansai Electric Powerは、両方の企業が日本沿岸海域で大規模な浮遊式洋上風力プロジェクトの妥当性を研究する契約を締結したと発表しました。

浮遊式洋上風力タービンは、海底に根ざした床固定洋上風力タービンとは異なります。 浮遊式タービンの1つの利点は、床固定式タービンに比べて、より深い水深に設置することができているということです。

RWEはフローティングタービンを「係留ラインとアンカーに海底に固定されたフローティング構造の上に配置」と説明しました。

READ  All-Female Tactics RPG Empire Of Angels IV、今年の夏スイッチを発表

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close