経済

「今ここに生きることができない「地下日本最大のシールドマシンが通過家のすぐ下に高さ4mの共同が…調布・その他環道路トンネル工事:東京新聞TOKYO Web

21日ボウリングの調査で試してみて、住宅の地中に新しい虫歯が発見された現場=東京都調布市東つつじけ丘で

東京都調布市の東京外かく環状道路(東京外環道路)トンネル工事のルートにある住宅街で起きた道路陥没現場付近で新たに地中の穴が発見された東日本高速道路(NEXCO東日本)が22日、発表した。 NEXCO東日本は、「工事との共同の因果関係は現時点では不明」と原因調査を継続しながら虫歯を詰め再度準備に入った。陥没現場付近で虫歯を検出
なかった2カ所目。

◆共同の長さ27m、幅3m、内部の高さ4m

今回の共同は21日、ボーリング調査で、10月18日に凹みが発生した現場での1つの南の試みで見つかった。 深さ4メートルの位置に南北に長さ27メートル、幅3メートルの内部の高さ4メートルの穴が開いていることが確認された。 共同の上では試みを挟んで3つの住宅がある。 去る3日には、陥没現場から約40メートル北の空き地で長さ約30メートルの穴が発見した。

◆国内最大直径16mのシールドマシンが通過

今回の共同が発見された場所の地下約47メートルは9月11〜12日頃の直径16メートルの国内最大のシールドマシンが通過する。 地下での継続的な振動や騒音が発生し、周辺の住宅街に亀裂が生じたり、外壁タイルが剥がれ落ちたりするなどの被害があった。

NEXCO東日本による原因調査は、12月中旬まで予定だが、今回の共同が発見された場所は、レーダー探査車による共同調査では、何も見つからなかった。 レーダーがダトヌンヌン地表面から2メートルほど。 ボーリング調査地点の数を大幅に増やす必要があり、調査期間が長期化する可能性もある。

◆お好みの庭付きの家が…

「これじゃまたここには住むことができない。」 家のすぐ4メートルの巨大な穴が発見東京都調布市東つつじけ丘の住宅街に住む50代の男性は、そう言って空を見上げた。

21日夜から22日にかけて入れ代わり立ち代わり説明に来るNEXCO東日本の担当者に「私たちの地下に勝手に穴を開けて、今回は埋め復元することけしからん。工法と工期を正しく説明しろ」と怒った。 今後家の埋め込みを含む補償交渉を求めていく考えである。

「庭付きの家が欲しい」と17年前、静かな環境を求め超えてきた。慶應義塾つつじけ丘駅の近くに緑の多い環境を好きだった。

「異変」に気付いたのは、9月中旬だった。 「ガトシャン」の試みを挟んだ目の前の住宅の外壁が剥がれ距離に落ちる音を聞いた。 地下で毎日続く振動や騒音に苦しんで、家のフェンスに亀裂が走る被害も出てきた。 そして、今回の共同長さ27メートルの10メートル以上、ほぼ家の敷地を南北に貫かれていた。

「日本の土木技術は、世界で地下トンネル工事も安全に渡すくれるものがあると思っていた」(ケイ勝規)


READ  イーロン・マスク氏創業のNeuralinkが開発した脳手術ロボットの詳細| TechCrunch Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close