「今でなければいつ?」:日本、野心的なカップ沸騰を狙う最新ラグビーニュース

Estimated read time 1 min read

日本のベテランMichael Leitchは、火曜日、彼のチームが今年ラグビーワールドカップで優勝できると信じていると言い、日本が出した最高のチームを保有していると主張しました。

Brave Blossomsは4年前に初めてホームグラウンドでアイルランドとスコットランドを破って最終優勝チームである南アフリカ共和国に敗れ、8強に上がりました。

Stan SportでSuper Rugby Pacific LIVEの全試合をご覧ください。 今無料のスポーツ体験を始めましょう

前の主張Leitchは記者たちに「今でなければいつ?」

「それが目標です。

「愚かに聞こえるが、それは可能性であり、我々は可能性を信じている。

「私たちは日本が出した最高のチームなので、挑戦し続けます」

9月に始まるワールドカップで、日本はイングランド、アルゼンチン、サモア、チリと共にD組に編成されました。

Leitchは2011年のトーナメントデビューに続き、4回目のワールドカップ出場を目指しています。

34歳の彼は、「ブライトンの奇跡」として知られる2015年、英国ワールドカップで南アフリカを驚かせた日本代表チームの主張を引き受けました。

彼はまた、2019年の日本キャンペーンのすべての試合に出場しました。

彼は「2019年に比べて今、私たちが持っている選手たちははるかにプロフェッショナルだと思う」と話した。

「私たちははるかに優れた才能を持っています。選手団全体です。この選手団は最後まで行くことができると思います」

Leitchは、日本が2019年以来、世界最高のチームに勝ったことがないにもかかわらず、「私たちが望む場所」と言いました。

彼らは昨年、ホームテストでフランスとニュージーランドを締め切りましたが、Twickenhamでイングランドに大きな損失を与えました。

リーチ監督は「ワールドカップの経験の面で、2019年に比べて経験が多い。

「とても楽しい時間です」

READ  高齢者のドライバーが日本のユネスコ寺院の近くで台湾の男性を襲って致命傷を負った。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours