世界

「今後4年は耐えることができない “バイデン氏の勝利を呼んだ「半トランプ列” :東京新聞TOKYO Web

7日、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアでバイデン前副大統領の勝利のダンスを踊って喜びに沸く市民=連合

米国の大統領選挙で民主党のバイデン前副大統領(77)が7日、共和党のトランプ大統領(74)を破り、勝利した。 過去の大統領選挙で奪われた東部で中西部にかけてのラストベルト(さびつい工業地帯)の激戦3週をすべて制圧したのが勝利の要因となった。 新型コロナウイルス感染が拡大中の大激戦で、米国民の「反トランプ列 “がトランプ支持の展開を超えた。(ワシントン金杉高雄)

◆ラストベルトで「青い壁」再建

「4年前に崩れた「ブルーの壁(青い壁)」を再構築した。 ペンシルベニア州、ミシガン州、ウィスコンシン州の核心である。 「バイデン氏は6日夜、すでに勝利を確信した。演説で誇ったのがラストベルトの3州奪還しました。

3州すべて1992年以降6回の大統領選挙で民主党が勝利、民主党の象徴色で「青い壁」とした。 自動車や鉄鋼などの産業分野で労働組合の白人労働者が多く、民主党の地盤であった。

4年前。 グローバル化の波を受けて衰退漢地域の白人労働者を「忘れられた人々」と怒りを自分の支持で連結させたのがトランプであった。3週間のすべての得票率1点未満のわずかな差で奪われた。もし民主党候補ヒラリー・クリントンが3週とも呼ばれ押し続けるヒラリーが大統領にあった。

◆バイデン版「米国第一」で奪還

バイデン氏は、今回のラストベルト3週間奪還に鍵となると見て勝負に出た。

「より良い再建(構築バック良い)」のスローガンとして、米国製品の購入促進等による製造復活と雇用の増加を発表した。 バイデン氏のバージョン「米国第一主義」ともいえる内容で、トランプ “私のポリシーを盗んだ」と刺激した。

また、新型コロナ問題がトランプが危険を軽視た結果収束に失敗経済を悪化させ、大量失業を生んだ徹底批判。 人種問題差別解消を訴え油絵で社会不安を取り除くと主張した。

戦略は功を奏し。 出口調査によると、過去の選挙でヒラリーはトランプの白人男性の表31ポイント差でがバイデン氏は13ポイント改善。 労働者層に対応する非大卒白人もトランプのリードを8ポイント減少した。 一定白人労働者の支持を取り戻し青い壁の再建を成功させた。

◆トランプ熱は上がっての歴史的投票率

バイデン氏は、今回の選挙でオバマ大統領の記録を上回る米国史上最多の7500万票以上を獲得した。 盗むはバイデン氏の魅力ではなく、「反トランプ列 “増加した。

新型コロナの感染防止を訴え、人種対立をあおって、国際地域と協力せずに他人を攻撃し嘲笑する…」トランプが今後4年間継続我慢できない」 そんな声は前回投票しなかった民主党左派と無党派層でも多く聞かれた。 出口調査では、バイデン氏は、過去投票していない有権者に24ポイント無党派層でも14点トランプを上回った。

一方、民主党の政権を奪還することに対する危機感は左派的政策を恐れトランプ支持もまた、 “熱”を呼び込んだ。 トランプの得票も以前に上回り、フロリダ州とオハイオ州など地盤の重要な州では、バイデン氏振り切って勝った。 歴史的に高い投票率は、米国の分断が生んだ「負の感情」がぶつかり結果であった。


READ  米国大統領選挙の世論調査で最も適した「単一の質問「トランプの存在感は、バイデンを圧倒| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close