トップニュース

「分裂を超えた「日本詩人柏木匹

昨年、日本で出版された著名な詩人柏木匹の詩集「蝶」は、全世界の詩人の想像力と共感を続けて捕捉している。

米国プリンストンフェスティバルの一環として、6月に行われたオンライン朗読イベントで、そのコレクションの多くの詩を6つの言語で朗読しました。

ドイツで生まれ、日本で育った柏木は、「時は区分を超越する力がある」と述べた。

Kashiwagiは東京の慶應義塾大学文学大学院で勉強しました。 彼女は権威あるGendaishi Techo雑誌の賞を受賞しました。 Kashiwagiは木や花からインスピレーションを得て作品を通して人生の意味を探る。

彼女は約15年前に昆虫に興味を持つようにされた後に蝶をテーマに2,000本以上の時を書いた。

彼女の多くの市の中で、彼女は2020年9月にShichosha Co.から出版された「Butterfly」プロジェクトのために慎重に選択をしました。 彼女の友人のTakako Rentoは彼女の時価二つの言語で実行されるように彼女の時を英語に翻訳しました。

Kashiwagiはドイツ、北マケドニア、その他の地域で開催される時のお祭りに参加しました。

全世界の仲間詩人と一緒にオンライン朗読会で「Butterfly」を日本語と英語で朗読して絶賛を受けました。 美しい一時的な 蝶と関連場面。

彼女は彼女の時価他の言語に翻訳されたメッセージであふれました。 最終的に彼女の詩は、フランス語と中国語を含む10の言語に翻訳されました。

6月には、「Butterfly」が2005年から開催されたプリンストンフェスティバル期間中にリレー朗読会に出演したが、今年は新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で部分的にオンラインで行われた。 柏木と5人の詩人が参加した。

各詩人は自分の母国語と英語で「Butterfly」の一節を暗唱しました。

Kashiwagi read “Mada inai Cho-tachi wo haru ga kakaete iru”( “Spring cradles butterflies not yet here。”)

他の詩人たちは、蝶を「farfalla “(イタリア語)、「mariposa”(スペイン語)と “babochka」(ロシア語)に言及しながら続いでした。

朗読会は、オンラインで行われたが、「蝶が形を変えて別の場所でダンスを踊るようだった」と柏木は回想した。

彼女は継続的に「蝶」の詩を暗唱するために、海外の他の詩人と一緒にオンライン朗読イベントに参加します。

日本で詩人が注目される場合は、まれですが、柏木は最近の世界的な健康危機の中でも “詩人が言語に分裂を克服しようと努力したことを人々が知っているてほしい」と語った。

READ  レッドブルホンダが2-3でダブル表彰台。 優勝はハミルトン[순위 결과]2020年F1第15戦のバーレーンGPファイナル - オートスポーツweb

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close