世界

「北極は死んでいる」史上最大の北極調査団1年以上ぶりに帰還、ドイツの写真9枚国際ニュース:AFPBB News

[10 월 12 일 = AFP](写真追加)世界最大の北極探査調査プロジェクトの調査船が12日、ドイツ北部ブレーマーハーフェン(Bremerhaven)港に帰還した。 気候変動が北極に及ぼす影響について、1年以上のデータを収集し、取得したのは、北極海が死んでいるという驚異的な証拠と数十年後には、夏の北極で氷が消えるは警告である。

ドイツアルフレッドウェゲナー研究所(Alfred Wegener Institute)の大型砕氷船「ポーラスターン(Polarstern北極星)」号は389日間氷に閉じ込められた北極海を移動しながら、地球温暖化北極への影響に関する重要なデータを収集してきた。 調査団は、20カ国から数百人の研究者が参加した。

READ  今後、米国の大統領選挙パックン予想と解説 - 社会:日刊スポーツ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close