経済

「半沢直樹」の「倍返し」犯罪スレスレだった? ドラマで話題のシーンを現役銀行が解説 – エキサイトニュース

画像はTBS TV「半沢直樹」公式サイトで(写真:エキサイトニュース)

日曜日ドラマ「半沢直樹」が27日、ついに最終回を迎える。 半沢直樹演技堺雅人はもちろん及川光博、片岡愛之助香川照之など豪華キャストによる迫力ある演技とスピード感のある展開を毎週楽しみにしている人も多いだろう。

前作「ホワイトナイト」と「債務救済」など、金融の専門用語が出てくるドラマがあるが、これらの金融用語をよく知らないまま見ている視聴者の方も少なくないこと。

そんなわけで今回は某メガバンクに勤務する現役の銀行員・Aさん(仮名)に金融をよく知らないまま、半沢直樹を見ている人のために、ドラマの解説をお願いした。

インタビューに応じてくれた某メガバンクに勤務する現役の銀行員・Aさん(仮名)

半沢直樹に欠かせない「ダウン」実際にあるか

– 早速、銀行にもかなり「半沢直樹」を見ているのでしょうか?

私は見ていますね。 周囲の銀行もかなり見ていると思います。

– 漢字とを見ていると叫ぶ一致が多すぎて「大きな声を出さないと銀行員になることがないのだろうか?」という気がしてきますが、実際に銀行からあんな音を出すのはあるん消化?

はありません! (笑)今は銀行もパワハラにも気をつけているので叫ぶことはないですね。

– 一度確認したいのですがダウンにも、実際にはないですよね?

ああ〜。 腎臓病は……ないですね(笑)。

– 良かった(笑)。 後の役員が集まるため、異常に大きい会議室もないでしょう?

いいえ、それは似たような部屋がありますね。

– です!

そのことは、ないのに、かなり大きな役員室はあります。 役員がずっと並ぶ巨大なテーブルもありますね。

– 毎回 “広々とした会議室だ」と思いながら見ていたので、実際にあるのはショックです…!

「証券会社に派遣 “感謝するのが普通?

– (現在放送されている)第2期は漢字と子会社の「東京セントラル証券」に派遣することから始まりますが、元の証券会社は、どのようなところのようですか?

簡単に言えば、「投資家と企業を結ぶ企業」ですね。投資家からお金を集めて、それをお金を欲しがって他の所で接続する。

銀行も似たような仕事をしていますが、証券会社と違うのは、銀行は、 “自分のお金」をローンが証券会社は、直接「投資家のお金」を投資家に伝えることができます。

だから、貸したお金が返ってこなければ、銀行は「自分」が損害が証券会社は、「投資家」が損が大きな違いですね。

– ドラマと “(子会社)証券会社は、小さなことしかできない」とされているが、これは実際にどうでしょうか?

証券会社によるものです。 私たちは、銀行よりも(グループ会社)証券が大きなことがあるのもあります。

– そうですか!

これは、最終的にお客様が銀行と証券のどちらを選択するかによるものです。 だから、各銀行によって異なるところだと思います。

– そして、 “子会社に派遣する」ということが徹底して嫌なで描かれていますが、これは実際にどうでしょうか?

難しいところですが、漢字とドラマが元「ひと昔前の銀行」をモデルにしているね。 だから今とは違うところもあります。

ドラマで何を描きたいと、銀行と概ね50歳前後に卒業する人が多いですね。 そして、大抵はグループの子会社等派遣していきます。

だから昔」と子会社に派遣する」とそこから(出世が)最後というイメージがあったので、そのように否定的に描かれていると思います。

– では、今」と子会社に派遣する「もそこまで嫌なわけではないですか?

「子会社の証券会社に派遣する」というものであれば、全く嫌なことがないですね。むしろキャリアを考えるととても良いことだと言われています。

– ドラマのイメージとは正反対ですね。

証券会社は、取引先の大企業が多いです。

証券会社と投資家のお金を借りて、情報が少ない小さな会社にお金を与えようとすると、投資家に「その会社は何を会社?」と言ってしまうのですね。 だから多くの情報が、大企業にお金を貸すことができ多いです。

だから証券で大企業に必要な知識を習得し、数年後に銀行に戻って、その知識を活用するキャリアも多いですね。

– “子会社に派遣=片道チケット」という時代はなくなっていますね…!

そうですね。 むしろ証券は、評価された人が派遣するイメージも強い。

年齢に応じて異なりますが、「あなたは証券従ってください」というと「ありがとうございます!」という感じのものが、今ではよく来るようですね。

– なるほど。 銀行も時代に応じて大きく変化しているね。

1500億円の買収は、実際には大きなチャンスであるか

– ドラマは漢字とは、「企業買収コンサルティング契約」を結ぶことから始めますが、まずはこの買収諮問契約が何なのか分からないまま見ています。

引数は、会社を「買いたい人」と「売りたい人」がいることがでしょう。 で拷問との両方それぞれつくんです。

購入側と販売側のそれぞれ異なる証券会社が付いて生きる方は、可能な限り安く売る方は、可能な限り高くなるように交渉しても拷問ですね。

たとえば、「100億で販売したいと思い」という人と「50億の買いたい」という人がいるとき、「これは100送り言っているが、よく見ると、この事業とは別の価値のないで安くすることができますよね」と言って調整することが拷問ですね。

– ドラマで「1500億円の買収諮問契約」に喜ぶ場面が金額が大きすぎてピンとこないが、実際にはこれ証券会社にとって大きなチャンスであるのでしょうか?

「いくらなら大きな問題なのか」というのは、担当者がかなり違うと思います。

ただし、1500億円の買収であれば、顧問、証券会社は、10〜20億ウォン程度入ってくるので、大きな問題だと思います。

– 逆に、どの程度と証券会社に小さなチャンスになるでしょうか?

うーん… 10億未満であれば、小さな問題になるのだろうか? 「会社の利益をどのよう選定するか」ということが重要であるため人の束にすることができないのですが。

例えば、さっき1500億円が大きいイシューだとしましたが担当者が見れば、大きくても、銀行全体で見ると、そこまで大きな問題ではないかもしれません。

小さくもない大きくもない案件ですね。 数千億を超えると、銀行でも大きな問題になると考えています。

–1500億円の買収とローソン(三菱商事が買収)などが実際にあっ例ですね。 とても大きな問題かなと思いましたが、銀行側では違って見えますね…!

漢字と倍のリターンは違法ではないか

– 漢字とは買収計画に会社を買う側顧問契約を切られ販売側とコンサルティング契約を締結しますが、これは実際にあるのでしょうか?

これは実際にしてみるとならない人です(笑)。

– え? これは、実際にはないんですか?

犯罪ですね。 その可能性があります。

– 漢字と倍返しが犯罪とは…

買収するときは、販売側と購入の方が分離されます。

利益相反になる可能性があるので、「購入側」した人が「販売面」につくことは、基本的にありません。

– なるほど。 そしてまた、気になっていたのが、老率いる証券監督管理委員会が来たとき、漢字と私たちは事情が良くないデータを隠そうとするのです。

犯罪ですね。

– 先頭のみ漢字と2回捕まってしまいました。

私は銀行員で証券会社ではないので詳細はわかりませんが、このような検査が入ったときの不快なデータを非表示にすると、通常一発で処理されますね。 逮捕者が出ることもあります。

– かなり重い話になってきました。 参考までに記載されていないが、買収ないので、漢字やメディアに情報を出して株式を下げたりしていると思われる場面がありますが……それ?

犯罪ですね。

「株価操縦」になりますね。 元引数と同じ週に影響を与える情報は、インサイダー情報といっても、かなり慎重に扱わなければならないんですよ。

これ破る金額に関係なく逮捕されます。 引数に対抗する戦略で、実際のかもしれないが、基本はしていないことですね。

– ドラマで描かれていない部分もあるので、厳密に犯罪に該当するかはわからないが、漢字との「倍返し」がかなり法的に曖昧な方法で構成されてますよね!

現実には漢字との立場になったらどうするのか?

– 漢字とスパイラルという会社が買収されないように拷問をしていたが、実際にそう引数を防ぎたいときは、何をするのでしょうか?

不法れないように戦略を立てています(笑)。

– そりゃそうです。

これは一つの例であるが、枚数と「市場の株式のうち70%を買えば買収成立!」というふうになっていますね。

だから買いたい方は、「今の株式は100円であるが、プレミアで150円で買収し」と言って、市場での株式を買い入れています。

そして、販売の方がどうしてもそれ嫌い場合は、ホワイトナイトに「私たちは、160円で買収し」と言ってくれて、代わりに引数くれしています。

– ドラマでも「ホワイトナイト」が出ましたが、ホワイトナイトはどのような利点があり、助けてくれるでしょうか?

会社の方針に賛同してくれているが、とか。 例であるが、スポーツを盛り上げたくて作った会社Aが全くスポーツに興味がない会社Bに買収されたものだとします。

会社Bに買収されると、スポーツ事業をやめようになってしまうので、同じスポーツを盛り上げたい、他の会社Cに買収くれというイメージですね。

この場合、いずれにせよ、会社Aは買収されてしまいますが、BよりCに売れることが良いでしょう。 このようなCのような企業がホワイトナイトと呼ばれます。

– なるほど! ちなみにドラマでは “Cだと思えばBであった”、すなわち “ホワイトナイトかと思ったら敵だった」というパターンが起こるのです……これ?

ドラマの場合、敵側の証券会社が逮捕されるでしょう。 購入側にも販売側にも情報を得ている犯罪ですね。

– ドラマでも「お前が何をしたか、犯罪である! 」と指摘したセリフがありますが、問題と背面の構造を理解することができて嬉しいです!

<후편에서는 드라마의 후반 부분이기도하다 제국 항공 편을 해설 해달라고>

■まいしろ
社会の荒波から逃げている意識の低エンターテイメント系のマーケティング担当者です。 音楽分析記事・エンターテインメント業界に精通し書き込みます。

ツイッター:https://twitter.com/_maishilo_
ノート:https://note.mu/maishilo

READ  Apple Watch Series 6(仮称)と新型iPad Airが9月16日に発表? iPhone 12(仮称)は、船の噂

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close