エンターテインメント

「危険なビーナス」胸糞悪い」最終回 “視聴者の怒り」、今年最悪のドラマ「 – まいじつ

(C)まいじつ

12月13日、妻夫木聡主演の日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)が最終回を迎えた。 結末を置いて視聴者たちは、なんとも言えない気持ちになってしまったようだ。

原作は、多くのベストセラー作品を生み出している東野圭吾氏の同名小説。 主人公手島伯朗(妻夫)の弟八神明仁(染谷将太)の失踪事件をきっかけに伯朗は明仁の妻を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)と一緒に故人​​・八神康之を通じて遺産をめぐる戦いに巻き込まれていく。

最終回では、紅葉が事実潜入捜査官だったと述べた。 明仁と夫婦関係などは全くなかったのだ。伯朗かえで支持いたため、明仁妻なかったのはいいとして、これまでの行動がすべての煙と思ったらすっかり肩を落とす。 「明仁妻カエデ」という人物は、世の中になかった放心状態になることだった。

そんなある日、伯朗は紅葉とは別に支持を見せた、伯朗助手を務めている動物看護師・蔭山(中村ない)で夕食の招待を受ける。蔭山も事実兼ねから伯朗こと心配されて、紅葉木は嫉妬のようなものである。

伯郎は勧誘を受けてレストランに行っても紅葉の木が気になるので、夕食を中断しようと決心する。 しかし、レストランにいたのは、なんと蔭山ではなく、カエデであった。 捜査中伯爵ギャラリーに好意を抱いたかえでは蔭山にお願いして夕食を代わりにくれている。

蔭山派が圧倒的だった

このように無事に結ばれた伯爵ロウと風であるが、これでは蔭山の立場があまりにもない。蔭山これまで一生懸命伯郎をサポートして心配してカウントロウが思わず蔭山抱い場面もあった。そのため、ネット上では

「蔭山群の貧しいすぎるダメ?日、停止しますこのような “
「伯爵ローも嫌い。楓も嫌い。蔭山さんがかわいそう」
「胸糞悪い終わり方だな….見た目が好きであれば、えぇんか。あぁあ。蔭山さん…」
「今年最悪のドラマだったw蔭山氏対抗馬したのは許さん」
「蔭山氏とは伯朗欲望の吐口というかセクハラに交際しただけだ」

同じ怒りの声が高まっている。

過度オープンに事件の犯人など、より視聴者の関心は、愛の行方に向かってしまったようだ。

[함께 읽고 싶은]

READ  映画「TENETテネット「字幕科学監修山崎時氏インタビュー、作品を楽しむことができるポイントは? - GIGAZINE

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close