世界

「大統領選挙不正投票疑惑 “まだ真相が報道されていない本当の理由集計システムと民主党を接続する点と線| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

「米国の大統領はバイデンの決定」という傾向の中で、選挙不正疑惑に関する報道も既に枯れ実際どうか危機管理コンサルタント丸谷元人さんが言う不正投票疑惑の真相は – 。

写真= AFP /時事通信フォト

2020年10月25日ニューハンプシャー州ロンドンデリーで演説するドナルド・トランプ、米国大統領と2020年10月12日、オハイオ州シンシナティで演説する民主党の大統領候補に前副大統領ジョー・バイデン氏

「バイデン表を25%ほどトランプの表を25%以下」

米国の大統領選挙で発生した不正投票疑惑をめぐり、まだ混乱している。

実際に知られているだけで有権者登録をしている人の数が、実際に投票資格を持つ人よりも数万も多いとか、1800年代生を含めて、すでに死亡した人が投票した場合に確認されており、組織的、大規模な不正があったのは、間違いないようだ。

いくつかの州では、明らかにトランプが優勢たが、突然、数十万個のバイデン表が追加され、数時間トランプが逆転負けする異常現象も見られたが、そのいずれかのウィスコンシン現在再検査が行われている。

また、多くの国と軍に導入された民間の複数の電子投票システムの疑惑も指摘されている。 電子投票システムの安全性は、以前から多くの質問が出ていてメーカー側もその質問に、ほとんど正しく答えたのはなかったが、今回の選挙では、そのシステムがバイデン氏を有利にするために作られたていたと言われている。

例えば、トランプ陣営と共同闘争シドニーパウエル弁護士は、ジョージアが採用する電子投票システム「領土」が実際よりもバイデン表を25%多く、トランプの表を25%少なく集計するように設定されて主張している。 このシステムを構築した領土社については、他でもない、クリントンとの関係が深いとの指摘がなされた。 民主党との関係が深い米国の大型メディアはすぐにそれを「虚偽の情報」と断言したが、最近入ってこの会社は過去クリントン財団に寄付していたことを認めている。

また、カナダのトロントに拠点を置く本社は逆にカードにも知られている世界的な投資家ジョージ・ソロスと関係のある団体や事務所を共有していたが、最近になって急にどこかに引っ越してしまった。 また、同社の幹部の一つは、英国でソロスの右腕される人物として知られている。

READ  タイ、「脳卒中のよう」副作用の事例の後シノ泊ワクチンこだわり

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close