世界

「天安門事件に関するZoom会議を妨害した疑い」でZoomの元従業員が起訴 – GIGAZINE



米国司法省は、2020年12月18日天安門広場事件関連イベントを開催しようとした中国の反体制Zoom会議に干渉して干渉したとZoomの元従業員で、中国国籍のジュリアンた容疑者を起訴したと発表した。

中国に拠点を置く米国の通信会社の役員、天安門広場虐殺記念ビデオ会議中断容疑| OPA | 法務部
https://www.justice.gov/opa/pr/china-based-executive-us-telecommunications-company-charged-disrupting-video-meetings

前のズーム従業員は、中国政府のために天安門広場のビデオ会議検閲で起訴-CNN
https://edition.cnn.com/2020/12/18/tech/videoconference-app-chinese-government/index.html

2020年6月に米国を拠点に活動する中国の反体制活動団体「インド、中国」は、1989年の天安門事件31周年記念イベントをZoomオンライン開催すると発表した。このイベントには、当時の学生運動家と軍の武力によって死亡一人の遺族、香港の民主化デモ参加者など約250人が集まる規模となりましたが、イベント開催後、主催者のアカウントが凍結されて保管もすべて見ることができないになってしまいました。

Zoomこの天安門事件の記念行事を主催した活動団体のアカウントを突然凍結 – GIGAZINE

元2003

この事件についてZoomが内部調査を行った結果、全職員のジーンさんが会社の規定に違反して会社へのアクセスの管理をしようとしていたことが明らかになった。 ジンさんは、いくつかの会議やアカウントを使用することができないようにする行為に至ったほか、一部の個人情報を、中国当局と共有していたことが明らかになったします。

Zoomは、社内規定違反を理由になった容疑者を解雇した。 関連が疑われる他の従業員にも調査が完了するまで、休職処分したと見ています。

国家安全保障担当次官補を務め、ジョンCデマーズ氏は、「中国では大企業の利益を持つ企業は、中国共産党の強制力から逃れることができません。中国共産党は自分の手の届くところにある勢力を利用して自由の木を切って党による中国国民への弾圧の言論の自由を抑圧することである」とコメント。


FBIのクリストファーレイ長官は「自由は、私たちの民主的価値を反映も支持していないシステムを支持する中国共産党の情報機関による悪意のある活動によって直接侵害された。アメリカ人は、中国政府がマスコミの自由抑圧を含むして、国際的な課題を推進するために、中国で活動する企業を利用することを躊躇しないことを理解しなければ」と語った。

また、法務部によると、ジンさんは記事作成時点では、中国浙江省にいることが確認されているが、身柄は確保されていないということです。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
中国共産党幹部が語る「中国の官僚に見える3つの法則」とは? – GIGAZINE

中国の強制収容所で拷問と洗脳を経験したウイグル人の証言 – GIGAZINE

在外中国人が中国への批判を沈黙」脅迫」をしているという主張 – GIGAZINE

中国が世界各地に「技術盗用を目的と科学者を選んで拠点」を用意したと報告された – GIGAZINE

米国によるHuaweiと関連企業の輸出規制がさらに強化、新しい38の関連企業をリストに追加 – GIGAZINE

米国が中国企業と中国産のアプリケーションをアンインストールして、「クリーンネットワーク “を目指すと発表 – GIGAZINE

READ  ドイツの選挙に先立って、新しい指導者を選択するメルケル政党

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close