エンターテインメント

「天穂のサクや姫」の世界累計出荷本数50万本を突破ディープ和風米づくりARPGは全世界的な人気各国で稲作普及| AUTOMATON

株式会社マーベラスは11月25日 “天穂のサクや姫「世界の累計出荷本数が50万本を突破したと発表した。パッケージのバージョンのリリース確定数とダウンロード版とSteam版(PC)販売台数を含む数とする。

 
「天穂のサクや姫」は、国内ゲーム制作サークルエーデルワイス開発を手掛けた和アクションRPGだ。主人公は武神と豊か神を親に持つサクや姫神の城で歌など日々を送っていた彼女だが、いくつかの事件で主に神の怒りを買い性を追放されることに。人間と一緒に暮らし、悪魔が支配する日野の島を調査することを命じる。

ナビゲーション部では農機具を使った様々な武芸と望遠友誼を使用した縦横無尽のアクションが特徴である。 一方、別の本作の目が「米づくり」田植え・稲刈り・脱穀などの工程を行う品質の米を収穫してサクや、より強力なパワーを得る。 収穫した米とナビゲーションで獲得した料理を調理して食べるとサクや能力が一時的に上昇する。 集めた素材を使用し探索を有利にする農機具を開発することもできる。
 

 
日本的な世界観と、本格的な米づくりを特色とする「天穂のサクや姫」が、その人気は海外にも及んでいるようだ。レビュー集積サイトMetacriticのスコアは81点で好評。外信デュアルショッカー日本の神話と絡み合った世界観の深さを評価した。 稲作とナビゲーションを巻き付けシステムはよく相互作用していると認めながら入念に作られて農作業パーツの隙間は人を選ぶという見解である。また、同様に、海外メディアGame Informerまた、アクションパートと農業部のシナジーを評価する。 検索パーツでミッションの単調さなどで原油を認めながらも、コンセプトの斬新さで、今後の成長白に期待をかけるのレビューを投稿している。

Steamの反響は、現在854人のレビュアーの92%が肯定的な評価で「非常に好評 “を示している。同時接続数は、発売2週間経った現在でも3000人近くなって安定した人気を持っている。海外の人気はTwitchでも垣間見ることができる。先週本作を渡した使用言語固有のチャネルは、英語チャンネル351・日本語チャンネルが324棟くらい。中国語・韓国語も200前後の各言語圏でバランスよくファンを集めていることがわかる。この文を書く時点でTwitchで「天穂のサクや姫」の合計視聴時間は45万時間に達している(ソルリ、GNOME)。
 

 
「天穂のサクや姫」は、国内ではNintendo Switch / PlayStation 4のためのパッケージのバージョンをダウンロード版の両方税別4980円で販売中。


READ  東山紀之「ジョニーさんの想像超えた "/嵐を言う - ジャニーズ:日刊スポーツ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close