経済

「好きな仕事のだった…」在宅勤務の拡大に今後障害カットコロナ半年で約1500人の解雇:東京新聞TOKYO Web

17年間勤めた職員食堂運営会社から解雇されて悔しさを言う知的障害のある女性=東京都大田区で

新型コロナウイルス感染対策として、企業が在宅勤務を進行しながら、オフィスで働く障害者の職業が減っている。 知的障害者は、掃除や配送物区分のようなオフィスで勤務を前提とした働き方が多くの従業員の出勤減少の影響が直撃するため。 コロナ災害による企業業績の悪化に解雇された障害者は増加しており、障害者を取り巻く雇用状況はより困難に思われる。 (山田晃史)

◆事務激減で…

「一緒に働いている人は皆仲が良かった。好きな職場だった…「軽い知的障害のある女性(48)=東京都大田区=肩を落とす。 17年間勤めた食堂の運営会社で今月15日に解雇された。

東京都内の主要IT企業の社員食堂で週5日のパートにテーブル清掃とトレイの整理などを担当してきた。 しかし、3月から従業員の多くは、在宅勤務になって食堂を訪問スタッフは激減。 女性は、長期間の休業を命じることができ、最終的にはレストラン自体の閉鎖が決定した。

女性は高齢の母と二人で暮らしている。 貴重な収入だった月8万円の給料が失われた生活の節約を強いられる。 「お母さんが喜んでから早く次の作品を発見したいのですが…」女性は言う。

◆「在宅勤務定着解雇はさらに増加することは “

厚生労働省の調査で、今年3月から8月までの6ヶ月間に解雇された障害者は1475人で、前年同期比34.9%と大幅に増加した。 知的障害者の保護者で構成された「全国手を握る育成会連合会」の又村あおい常務理事は「在宅勤務を定着させる企業も多く、解雇はさらに増えることはないか」と警戒する。

障害者の雇用を支援する障害者雇用企業支援協会によると、テレワークの普及にオフィスのクリーニングや機密書類のシュレッダー処理が減少した。 社員のカフェや視覚障害者による社内マッサージルームも休業や廃止され、障害者の職業は減少する。 全社的な在宅勤務への移行オフィスも大幅に縮小させる富士通グループの担当者は、「障害者の日少なくなり、彼らの家ですることができる仕事を探している」と言う。

◆守らない法廷雇用率」することができない」と断定してい

政府は、障害者を一定の割合雇用を義務付けた「法廷雇用率」を企業に課している。 現在は2.2%。 1000人の企業であれば22人の雇用が必要です。 しかし、厳しい罰則がない場合もあり、コロナ拡散前の昨年の時点で達成企業は半分以下。 一人も雇用していない企業も全体の30%以上である。

政府は、来年の春から法定雇用率を0.1%引き上げが雇用義務はさらに有名無実可能性がある状況である。

「手を握る会」の又村常務理事は「知的障害者に教育の機会を提供してホームページ作成などを受けようとする企業もある。 企業は「障害者が仕事ができない」などの決定なしに新しい仕事を見つける研究をし、国はそれをサポートしなければならない」と訴えている。

 障害者の雇用政府は、障害者雇用促進法に基づいて、すべての事業主に障害者の雇用を義務付けている。 法廷雇用率は、5年ごとに見直し、現在は、企業が2.2%、国及び地方公共団体は、2.5%。 従業員100人以上の企業に達した場合には、不足人員1人当たり月5万ウォンの授業料を徴収されるが、この100人以下の企業は免除されている。 逆に達成企業は超過1人当たりの企業規模に応じて月2万1000円〜2万7000円を支給される。


READ  一般的なQRコードを開始。 メルペイ加盟店でd支払いが可能 - Impress Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close