理科

「家でもマスク」を知っている面倒な新型コロナ家庭内感染対策はつらいよ:J-CASTトレンド[전체보기]

今日2020年12月24日に東京で888人の新型コロナウイルスの新規感染者が確認された。 1日感染者では史上最大である。

家庭内での拡散を防ぐためには、「家でもマスクの着用」を訴える動きが出ている。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県知事が12月21日に出した共同メッセージで「自宅でマスクの着用」も含まれていされていた。 また、埼玉県大野元弘知事は今日、12月24日ツイッターでキャンペーンを展開して、「家でマスク」を訴えている。

  • 「家に帰る」訴え…それは難しい

少なくとも家では、「マスクから解放されたいと思う」

大野知事の「家でマスク」キャンペーンでは、(1)感染の危険が高い場所にやむを得ずした場合(2)家にお年寄りや基礎疾患のある家族がいるとき(3)発熱など「体が悪いかも」と思ってしたときなど、家庭でのマスク着用を推奨している。

ただ家でマスク送ることは拒否感が強い人が多いようだ。 ツイッターには、「嫌い」、「無理」と拒否反応が散見される。 「ゆっくり安心する場所じゃない…」とは、少なくとも家では、マスクから解放されたい人も。

自宅でマスク着用率調査結果がある。 つまようじ専用の「回復ウェア」企業のベネス(神奈川県厚木市)が12月24日子供がいる既婚者330人を対象に調査した結果、80%が「自宅でマスクをしていない」と回答した。 その261人に複数回答で聞いた「家でマスクをしていない理由」の内訳は、回答が多い順に1位 “面倒だから(46%)」、2位「苦しいから(44%)」、3位「家族間の感染は仕方ないとあきらめているから(41%)」であった。

英国医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)グローバルヘルス」が中国・北京で20年2月28日から3月27日までに124家族・335人を対象に実施した調査の結果をウェブサイトで公表されている。 それによると、「次感染者の発症前に家族がマスクを使用すると、感染のリスクは79%抑制された」告げる。 「症状が現れる前から自宅でマスクを着用」していることが前提であるが、マスクを着用して意味が示唆されている。

女性のためのウェブ掲示板ガールズチャンネル」で、12月15日にサンのテーマ「家庭内感染が増加…家庭でもマスクが必要? 「しかし、「家でマスクを付けることは難しい」という意見が大半である。 家庭内感染を防ぐことは難しいが、各自が実践している予防策が記録されている。

特に「感染源」に警戒されているのが「トイレ」である。例えば、トイレとトイレを自宅に2箇所あるユーザーは

と「準家庭内別居」といいそう対策を徹底している。一つのトイレを家族複数の人が使用している人は、「使用後速攻で消毒」、「スイッチに触れないためにトイレの電気はつけているだけで、トイレットペーパーは別に分離」などの知恵を絞って何とか耐えているようだ。

READ  新型コロナ情報サイトを開設したデータの科学者が当局の寺院で銃を突きつけている - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close