経済

「家具年収1500万で大きな収入の減少 “住宅ローン”月57万」の返済不能に大きな誤算無駄三昧の外傷生活費15万円圧縮| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

共働き30代の夫婦の合計年俸は1500万円近くあったが、コロナ流行に25%も減収。 それにもかかわらず、無駄三昧の日々を送って貯蓄はほとんどない。 したがって、3年前に購入した6000万ウォン台の物件のローン返済のボーナス月払いが難しい状況。 ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏が作った「聖域なき “家計改善計画は – 。

写真= iStock.com / jhorrocks

※写真はイメージです

30代の夫婦世帯年収1500万円コロナ流行で25%の売上高の減少の危機

「コロナの影響で家計が困難になってきました。今後に必要な貯蓄額も視野に入れて樹脂の見直しをしたい」

そう言って相談に来たのは、結婚後ずっと夫婦別財布で家計を運営してきた都内在住の会社員の中山剛さん(仮名・38歳)と妻の会社員由紀恵さん(仮名・36歳)。 子供のいない夫婦二人で生活します。

武は収入が豊かで普段なら手取り収入が約70万円ありましたが、コロナの影響を受けて、今では50万円を切って48万4000円まで減ってしまいました。 由紀恵さんも約21万円であった手取りが18万6000円。 家具年収1500万円近くありましたが、月に24万ウォンの大きな減収になってしまいました。

これはさすがに味、そして家計のやりくり法を調査した結果、夫婦家計を合わせたほうがいいと知ってすぐに実行したします。 すると以前よりは支出は減少したが、毎月の収支は直前。 このほかにも、冬のボーナスも減るという通知が、それぞれの会社で出ました。 今まで二人合わせて手取り150万ウォンだったボーナスが約50万円になるかどうかは、金額まで減る見込みだそうです。

もちろんボーナスは大幅に減少しますが、月平均所得(世帯手取り月給​​67万円)をみると、夫婦二人で住んでいるなら、十分に余裕があるような感じを受けます。

35年の住宅ローンのボーナス月は毎月17万+40万円の返済

ところが、夫婦は2つの大きな不安を抱えていました。

まず貯金こと。 収入が減ったが、家計を合わせるほか、少しずつ節約を意識して無駄の支出をしないように注意をして支出を減らすために努力かろうじて黒字を維持しています。 しかし、一時的支出があれば貯金を崩さなければならないでしょう。 その貯金も3年前に思い切って一戸建て住宅(6000万ウォン台)を購入したことで、約400万円に減り、後にあまり増えません。 今後家計の保全をしなければならないことがある場合は、貯蓄がなくなってしまうかもしれないと懸念しています。

また、定年前に償還が終了するようにと2〜3年前に25年に不織布の住宅ローン。 毎月の返済(17万3000円)は、収入からすることができますが、ボーナス時に加算される金額が40万円。 今回の冬のボーナスは何とか支払うが、その次のボーナスはさらに減るかもしれません。 夫婦が勤務する会社の業績から見ると、しばらくの間、ボーナスは低空飛行になる公算が大きい。 そうなると、ボーナス支払いは、「中払っていないようになるかもしれない」という懸念がますます大きくなっているのです。

したがって、家計の改善が急務であると考えていたのです。

READ  日本企業、中国で製造業への依存度を減らす

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close