science

「寝ずに働いて」は、美徳ではない!昼寝、休日寝勧誘| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

穏かぼんやりなぜか仕事が進まない…そのまま放置すると取り返しのつかない結果に!? 食事、運動、睡眠を検討して、健康な脳と心身を取り戻そう。

万能を呼ぶ睡眠不足の恐怖

夜中に何度も目が覚め、睡眠不足気味という人いますよね。 「いや、そんな状況ではない。仕事が忙しくて毎日睡眠不足だ」という人もいるだろう。

注意してください。 そんなあなたの脳は正常に動作しない場合があります。

はどのような睡眠をとる必要があるのでしょうか? まず重要なのは「睡眠の量」です。

まさに睡眠時間には個人差があります。 6時間未満で、健康な人もいて、8時間以上の睡眠が必要な人もいます。 まず意識して頭がすっきりして、非常に気持ちよく一日を過ごす睡眠時間を見つけてください。 その睡眠時間が基準となります。

それよりも2時間以上不足している状態が2日以上続くと、人々は、睡眠不足の症状が出ます。 4時間程度の非常に短い睡眠時間に平気という人がいますが、睡眠不足が日常化していることは非常に危険なことです。

自治医科大学が実施した調査に健康な男性は、睡眠時間が6時間未満の場合には、7〜8時間の場合に比べて死亡率が2.5倍になるというデータがあります。 一体何が起こってでしょうか?

人は睡眠不足の状態になると、脳の最も外側にあり、情報を言い変換して保存する大脳皮質とその内側に、五感や感情をつかさどる大脳辺縁系に変化が出てきますがあります。

イラスト=中川原徹

まず、代謝・内分泌機能が低下します。 人は健康な状態を維持するために、甲状腺、下垂体、副腎、脾臓など多数の内蔵で様々なホルモンを分泌が、この分泌機能が低下すると、糖尿病や心臓病などの病気にかかりやすくなります。

自律神経にも悪い影響を与えます。 睡眠アドレナリンの濃度が低くなって代謝が抑制されます。 これにより、自律神経の活動が弱まっので、人々が休憩を取ることができます。 眠らずにいるアドレナリンの分泌量が上がった状態になってしまい、自律神経を休む暇がありません。 その後、血圧と血糖値が容易になり、糖尿病の原因になります。 慢性の睡眠不足が続くと、全身の多系統に影響を及ぼし狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患も発生しやすいです。

READ  TwitterやFacebookを送るの人々の感情や抑うつのリスクを判定 "心理分析」とは? - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close