science

「巨大地震の予測、コロナ第二波金持ちが付いている未来の地図」の経済評論家が行って大胆!「日本経済予測の本」著者鈴木孝宏×玉蔵 – TOCANA

「日本経済予測で、2020年代に不安将来読み解き方法」 (PHPビジネス新書)

新型コロナウイルスの感染拡大に誰も予想していない世界が訪れた。 「2020年代には、これまでの主張されてきたさまざまな危機が現実化「日本が破損した10年」になるだろう」と予測することは、将来の見通しと経営戦略の樹立の専門家であり、ボストンコンサルティンググループなどを経て、多くの大企業の戦略企画プロジェクトに従事鈴木孝宏氏である。

今年初夏に発売された “日本経済予測で、2020年代に不安将来読み解き方法“で鈴木氏は、アフターコロナ経済と後に到来する「7つのショック」は、「一つの希望」を提示しているが、さすがはオカルト的な「予言」と予測される未来合致しているかどうか…カード良い陰謀論とオカルトにも造詣が深く、ブログで世界経済ランキング1位を獲得した元外資系投資銀行勤務玉蔵氏招いて対談を決行した。

<전편보기>

■NHKが予言する「首都直下地震」とNHK江戸川コナン説

画像は「Getty Images」からの引用

鈴木高広氏(以下鈴木)地震といえば、昨年からNHKが、首都直下地震計の特集を迅速に報道しているのが気になりますね。 この場合、地震が起きたら、日本経済は崩壊するという予告もありますから。 だからもし首都直下地震が起きた場合には、安倍首相のせいも日本の銀行のせいもなく「地震のため、経済が崩壊した」ということだ。 定規に良い流れで「一生懸命再建しましょう」と国民に訴えながら、事前に練られていた支配者側の計画を立てる機会にもなります。

玉蔵氏(以下、玉蔵)地震に関するNHKの週連続放送で私の違和感を覚えました。 実際に私は2014年に御嶽山が噴火した際、現場付近にいたのです。 その際不思議なことに、御嶽山は数日前からNHKの差来ていたんですよ。 偶然なのか必然なのか……まだ謎です。

鈴木都市伝説「NHK江戸川コナン説」というものがあり、これは災害や事件があるたびにNHKのカメラが近くにあるという話は昔から知られています。

右:鈴木高広氏左:玉蔵氏

玉蔵(笑)

鈴木NHKは深い組織ですね。 なぜそのように、従業員がいるのだろうというほどの人が組織であるため、我々が知っているテーブルの組織に加えて、何かがあるかも……と不審に無声があることも知ることができます。

玉蔵もし組織がある場合は、英国の諜報機関がないでしょうか。 NHKと英国は強いリンクがあるから。

鈴木NHKはBBCとの共同制作作品が多いので、英国との関係が強い診断自体が間違いないと思います。

玉蔵なるほど。 やはり私は御嶽山になったとき噴火したのは、「狙われて “いたためのようなもの…(笑)。

鈴木抹殺しなければならない “何か”があったのかも(笑)。

READ  合体している銀河で光る「二重クエーサー」すばる望遠鏡の観測で新たに発見| sorae宇宙のポータルサイト

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close