エンターテインメント

「彼女と富士」、日本・インド9月撮影

マラティアインドのロマンス映画「Toh、Ti ani Fuji」(「彼女と富士」)が9月からインドと日本全域で主な撮影を開始します。

Irawati Karnik(“Anandi Gopal”)が脚本を書いてMohit Takakar(“Medium Spicy”)が監督を務めたこの映画は優先順位の変化、反対の性格特性および不当な要求によって毒となる情熱的な愛に関する話を扱います。 元夫婦が7年後、日本で意外な出会いをするようになり、関係が回復することができる。 2017年、ブロックバスター映画「千葉ちサウカ」に共演したラレット・プラバカールとムリンマエ・ゴドボレがこの映画のために再び会った。

この映画は、Platoon One Films(釜山選定「Yours Truly」)のShiladitya Boraと以前に「Evvarikee Cheppoddu」を製作し、「Baahubali 2:The Conclusion」に出演したCrazy Ants ProductionのRakesh Varreによって制作されました。

「映画の起源は2019年、京都映画製作所で働きながら日本の短編映画を監督するようになり、風景に感動した。 いつかここを背景にした映画を制作することを決心し、Mohitは私の夢を実現するために最も美しい話を思い出しました。

Takalkarは次のように述べています。 私たちは恋に落ちることが自然に起こると信じたいです。 しかし、愛は感情なのか、物語なのか? それとも習慣か技術か? 今日の複雑な生活の中で、愛は有機的プロセスではなくアルゴリズム的プロセスとして浮上しました。 それでは、愛は複雑なのか、それとも人なのか? 柔らかさ、欲望、計算、恥心に至るまで愛の無数の感情を形象化しようとする。 一言で、愛の解剖学に対する探求だ」

Karnikは次のように付け加えました。 「私たちは皆、私たちが切実に望んでいましたが、何とかうまくいかない関係を築きました。 しかし、私たちはまだ懐かしさと愛の苦い感情でそれらを振り返ります。 この映画は情熱的だが、やや運命的なロマンスのような感情を呼び起こすことを希望する」と話した。

映画はインドのプネとコラード、日本の東京、京都、富士山で撮影される予定だ。 2人の異なる撮影監督が撮影し、映画のインドと日本の部分が異なる姿を持つようにします。

ボラのためにプロデューサーとして登場する作品は、RevathyとSatyajeet Dubeyが主演を務める「Aye Zindagi」です。 Saba Azad、Namit Das、Geetanjali Kulkarni、およびRumana Molla主演のインド – ベルギー移民ドラマ「Minimum」。 Vinay PathakとMasumeh Makhijaが主演した彼の監督デビュー作「Bhagwan Bharose」もあります。

「Toh、Ti ani Fuji」は2023年2月17日、インド全域で公開される予定です。

READ  完全新作乙女ゲーム「君は雪間に希う」発表。オトメイトとハライチ・岩井勇気さんコラボされる和風デンキ恋愛ADV

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close