science

「心理学を職場で活用!」すぐに使用5つの技術| LIMO | 生活とお金の経済メディア

仕事をうまく進めるためには円滑なコミュニケーションが不可欠です。 職場でいつもの交換や顧客との関係作りなど、よりスムーズにすることができればと思っている人も多いでしょう。

そんな対人関係に役立つ心理学です。心理学のアプローチをうまく活用すれば良い印象を与える信頼感を主導したり、よく交渉を行うことができる。この記事では、今日からすぐに利用できるテクニックを5つの方法がありますので、ぜひ活用してみてください。

続きを読む

1.ミラーリング

まず最初は、「ミラーリング」です。 ミラーリングは、相手の言動や行動を鏡のように真似することです。

元の人は、自分と似た人と似ていについての好意を抱く傾向(類似性の法則)があります。 したがって、ミラーリングで相手との共通点を演出できれば、お互いの距離を縮めて親近感を抱いて受けることができます。

例えば、相手の声のトーンや話すテンポ、音量などを真似見る表情を密かに合わせてみる相手と同じタイミングでデータを見て、お酒を飲むなどを考えることができます。

メール交換も相手のトーンに合わせるのは効果的です。 丁寧な文章であれば、自分でも誠実にラフな感じであれば、自分も罪を、そして適応してください。 文章の長さもどちらか一方が一方的にならないように配慮することを知っている方がいい。

しかしやりすぎは厳禁です。 明らかに真似されている感じたら、不快感や疑問になります。 あくまでも自然に受け入れることを意識しましょう。

参考記事

ニュースレター


編集・ライター

東京都在住、子供の母。

子育てと仕事を両立することができる働き方を模索して、現在は週2勤務の会社員+フリーランスの編集ライター。

子供優先・無理しない働き方を軸に「余裕のある複業」を実践している。

そんな自分の経験から仕事のやり方や職業分野を中心に執筆中。

その他の得意ジャンルは生命、育児、美容など。

筑波大学人文類・言語学専攻卒業。

ツイッター:https://twitter.com/Chakimama1
ノート:https://note.com/chakimama

READ  希望? この冬南半球のインフルエンザにかかる人がびっくりするほど少なかったが明らかに| ハーフポスト

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close